消費税増税前、秋冬モデルが人気!?

WWW を検索 サイト内を検索

« グラフィック | Home

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます

本年も「徹底比較サイトCompare」をどうぞよろしくお願い申し上げます。m(__)m

早速パソコンの話ですが
年末から年始2017年の数日間、各BTOパソコンメーカーショップでは特別価格でセールをしています
是非ご利用ください。

セールをしてるメーカーショップは

是非ご利用ください!

カテゴリー: ニュース

2017 年 1 月 01 日

期間限定7/21日までのお得なノートパソコン

Lenovo ノートパソコンが7月21日までお得に購入出来ます!
前回紹介したボーナス特価と同じ価格で、買いそびれた方はチャンスです!

期間限定7/21日までのお得なノートパソコンはこちら!
E-クーポンコードでお得に購入出来ます!

SSDなのがオススメポイントです。


14インチの ThinkPad E460

スペックは
OS=Windows 10 Home 64bit
14.0型1920x1080
CPU=Core i5-6200
グラフィック=AMD Radeon R7 M360 (2GB)
メモリ=8GB PC3L-12800
ストレージ=SSD192GB

この構成が24%OFF
79380円です!
ThinkPad E460


15.6インチの ThinkPad E560

スペックは
OS=Windows 10 Home 64bit
15.6型1920x1080
CPU=Core i5-6200
グラフィック=CPU内蔵 HD520
メモリ=8GB PC3L-12800
ストレージ=SSD192GB
光学ドライブ=DVDスーパーマルチ

この構成が25%OFF
75103円です!
ThinkPad E560


E-クーポンコード:
JPSP0721
レノボのボーナス特価を買いそびれた方は期間限定7/21日までのお得な価格です、ノートパソコン購入を考えてる方はこの機会を見逃さず是非ご利用ください。
期間限定7/21日までのお得なノートパソコンはこちら!

カテゴリー: ニュース

2016 年 7 月 17 日

ボーナスセール7月7日まで!お得なパソコンを紹介します!

一押しは!Lenovo ノートパソコン
ボーナスセールで7月7日までお得に購入出来ます!
7月7日まで!ボーナスセールの機種はこちら
E-クーポンコードでお得に購入出来ます!

SSDなのがオススメポイントです、他メーカーでもボーナス割引してますがHDD仕様が多いようです。


14インチの ThinkPad E460

スペックは
OS=Windows 10 Home 64bit
14.0型1920x1080
CPU=Core i5-6200
グラフィック=AMD Radeon R7 M360 (2GB)
メモリ=8GB PC3L-12800
ストレージ=SSD192GB

この構成が24%OFF
79380円です!
ThinkPad E460


15.6インチの ThinkPad E560

スペックは
OS=Windows 10 Home 64bit
15.6型1920x1080
CPU=Core i5-6200
グラフィック=CPU内蔵 HD520
メモリ=8GB PC3L-12800
ストレージ=SSD192GB
光学ドライブ=DVDスーパーマルチ

この構成が25%OFF
75103円です!
ThinkPad E560


E-クーポンコード:
JPSP0707
レノボはこういった格安になるセールが有るんですよ、7月7日迄ですので、ノートパソコン購入を考えてる方はこの機会を見逃さず是非ご利用ください。
その他ボーナスセールお得なノートパソコンはこちら!

カテゴリー: ニュース

2016 年 7 月 01 日

DELLが6月6日まで安い

DELLが6月6日まで安いです!

特にオススメは

Inspiron 11 3000 シリーズ 2-in-1

スペックは

11.6型1366×768
CPU=Core-i3-6100U
メモリ=DDR4-SDRAM 4GB PC4-17000
ストレージ=SSD128GB

タブレットにもなるタッチパネルで、SSDなのがオススメポイント!。

この構成が、デルの会員になれば10000円引きで

64778円です!

これ本気で私も欲しいと思うくらいです。

他にも6月6日まで10000円引きの機種があるのでデルを是非のぞいてみてください。

明後日迄です、この安さ今日気づきました遅くなってすいません(-_-;)

カテゴリー: ニュース

2016 年 6 月 04 日

10コア「Core i7-6950X Extreme Edition」を発表

米Intelは31日、コンシューマ向けCPUとして初めて10コアを内蔵する「Core i7-6950X Extreme Edition」など4製品を発表した。

コードネームは「Broadwell-E」で「Broadwell」は「Skylake」より古くデスクトップ向けのCPUには殆ど無く
モバイル、サーバー向けに多いCPUだった。

仕様比較表

  Haswell-E Broadwell-E Broadwell-E Broadwell-E Broadwell-E
プロセッサナンバー Core i7-5960X Core i7-6950X Core i7-6900K Core i7-6850K Core i7-6800K
製造プロセス 22nm 14nm 14nm 14nm 14nm
キャッシュ 20MB 25MB 20MB 15MB 15MB
コア/スレッド 8/16 10/20 8/16 6/12 6/12
ベースクロック 3GHz 3GHz 3.2GHz 3.6GHz 3.4GHz
ターボブースト 3.5GHz 4.0GHz 4.0GHz 4.0GHz 3.9GHz
TDP 140W 140W 140W 140W 140W
PCI-Express レーン数 40レーン Gen3 40レーン Gen3 40レーン Gen3 40レーン Gen3 40レーン Gen3
メモリ 4ch
DDR4 1333/1600/2133
4ch
DDR4 2400/2133
4ch
DDR4 2400/2133
4ch
DDR4 2400/2133
4ch
DDR4 2400/2133

前世代の「Haswell-E」に比べ、マルチスレッド性能は最大で35%向上し、オーバークロック耐性も向上しているらしい。

これからベンチマークテストも行われると思うので
実際、前世代からの性能向上がどの程度なのか楽しみです。

カテゴリー: CPU , ニュース

2016 年 6 月 03 日

第7世代Coreプロセッサが今四半期中に出荷

米Intelは31日
基調講演中、Inte 副社長のナビン・シャノイ氏が

コードネーム「Kaby Lake」第7世代Coreプロセッサを今四半期中(4~6月)にOEMメーカーなどに出荷を開始することを明らかにした。

第7世代CoreのKaby Lakeは第6世代のSkylakeと同じLGA 1151を採用し、プロセスルールも14nmと同じです。

性能的には第6世代のSkylakeと大きな違いはなく
USB3.1に対応、TDPはSkylakeより抑えられている点などが違うSkylakeの強化版の様です。

カテゴリー: CPU , ニュース

2016 年 6 月 02 日

Android(アンドロイド)のSIMフリースマホの価格性能比較を始めました

Android(アンドロイド)のSIMフリースマホを価格や性能で比較するページを作成しました。

自分がSIMフリースマホに興味が有り購入しようと思った為
パソコン比較ページと同様に自分自身でも使える、使う比較表にしています。

私はAndroid(アンドロイド)派なので(^▽^;) アンドロイドだけの比較表です

今後はもっと機種を増やしていく予定です

アンドロイドのSIMフリースマホの購入を考えてる人は是非ご利用ください。

Android(アンドロイド)のSIMフリースマホを価格や性能で比較

カテゴリー: ニュース

2016 年 5 月 02 日

東芝dynabookダイナブックが2016年夏モデルを販売開始

東芝dynabookダイナブックが2016年夏モデルを販売開始しました

他のメーカーに先立ち夏モデルの販売だが春モデルと性能的のは、ほぼ共通で
画面解像度やストレージ種類や容量などに違いがある。

カテゴリー: ニュース

2016 年 4 月 15 日

各メーカーから2016年春モデルが発売されました、

各メーカーから2016年春モデルが発売されました

ビジネスモバイルで人気の高いレノボのThinkPadもコードネーム「Skylake」第6世代のCore i5、Core i7を搭載したものが発売され全メーカーが最新CPUとなりました。

カテゴリー: ニュース

2016 年 1 月 20 日

各メーカーからWindows 10搭載 秋冬モデルが発売

各メーカーからWindows 10搭載を搭載した 秋冬モデルが発売されました、
まだ一部のメーカー、富士通、パナソニック等は夏モデルですが随時発売されるものと思われます。

ノートパソコンもコードネーム「Skylake」第6世代のCore i5、Core i7を搭載したものが発売され今回のモデルチェンジは暫くびりの大幅な物となりました。

デスクトップパソコンはWindows 10発表前から「Skylake」第6世代のCore i5、Core i7を搭載パソコンが発売されていましたので、Windows 10モデルが秋冬モデルとなります。

順次更新しますので(^▽^;) シルバーウイークも当サイトを是非ご利用ください!

カテゴリー: ニュース

2015 年 9 月 20 日

第6世代Coreプロセッサ「Skylake」が発売、気になるベンチマーク結果は

昨夜8月5日に第6世代Coreプロセッサ「Skylake」が発売されました
「Skylake-K」とはいかなるCPUなのか。「Core i7-6700K」ベンチマークで新世代マイクロアーキテクチャの実態を探る
では早くもベンチマークテストをしているので紹介します。

一般的なアプリケーション、実際のパソコン性能に近いベンチマーク「PCMark 8」で
「Skylake」Core i7-6700Kと「Devils Canyon」Corei7-4790Kを比較した結果はCore i7-6700Kが約2%高い結果となりました。

記事の内容を引用すると

グラフ1は,Turbo Boostを有効にした状態で実行したときの結果となる。i7-6700Kのスコアは,i7-4790Kに対して約2%高い結果となった。Intelが謳う10%にはまったく届かず,端的に述べて残念な結果だ。しかし,定格こそ4GHzで揃う一方,最大クロックだとi7-4790Kが4.4GHzなのに対してi7-6700Kは4.2GHzで200MHz低いCPUであるにもかかわらず,わずかに高い程度の総合スコアが出せている以上,Skylakeマイクロアーキテクチャで,クロックあたりの性能が相応に高くなっているとはいえそうである。
「Skylake」Core i7-6700Kと「Devils Canyon」Corei7-4790KのPCMark 8結果

まあ想像通りの結果ですね、大幅な性能向上は無いと言われてましたから
しかし2%向上している訳ですから今後購入するなら「Skylake」なのは間違いないです。

Skylake  Core i7-6700K のベンチマーク比較はこちらから

カテゴリー: CPU , ニュース

2015 年 8 月 06 日

第6世代Coreプロセッサ「Skylake」が8月5日発売

大手パソコンパーツショップツクモツクモ本店PCパーツ部Twitter

8/5(水)21時から新チップセットと新CPUを発売開始予定です!

と告知しております、もちろん第6世代Coreプロセッサ「Skylake」と思われ
他のパソコンショップも同じように発売されると思われます。

以前第6世代Coreプロセッサ「Skylake」が8月7日に発表 と書きましたが発売が早まった様です

早まるのは結構な事でお盆休み中に新しいCPUとそれが搭載されたパソコンを選べますね。

当サイトもできるだけ早く第6世代Coreプロセッサ「Skylake」搭載パソコンに更新していきますので是非ご利用くださいm(__)m

カテゴリー: CPU , ニュース

2015 年 8 月 04 日

NEC 2015年夏モデル登場

NECのデスクトップパソコン、ノートパソコンに2015年夏モデルが登場しました

しかし2015年春モデルとの変更は殆どなく価格もほぼそのまま、クーポンの割引が少なくなったためか値段が高くなってます。

他のメーカーは夏モデルを出しません、Windows 10待ちなのでしょうか!?

カテゴリー: ニュース

2015 年 5 月 18 日

Windows 10の全エディション発表も発売日は未定

米MicrosoftはWindows 10で提供されるエディションの種類を発表しました。

個人向けの「Home」と「Pro」、個人モバイルデバイス向けの「Mobile」
法人向けの「Enterprise」と「Mobile Enterprise」
教育機関向けの「Education」が用意されます。

番外的ですが参考までにRaspberry Pi 2向けの「Windows 10 IoT Core」のラインナップまで発表されました。

下記にリスト表示してみました

  • 個人向け
    • 「Home」⇒個人のPCやタブレット
    • 「Pro」⇒個人スモールビジネス向け
    • 「Mobile」⇒個人モバイルデバイス向け、8インチ未満のスマートフォンやタブレットなど
  • 法人向け
    • 「Enterprise」⇒Proを強化したバージョン
    • 「Mobile Enterprise」⇒法人モバイルデバイス向け
  • 教育機関向け
    • 「Education」⇒学校の管理者やスタッフ、教師や学生向け
  • Raspberry Pi 2向け
    • 「Windows 10 IoT Core」⇒ATMやPOS端末など

ご存知の方も多いと思いますが
Windows 10はWindows 7/8.1およびWindows Phone 8.1ユーザーは無償でアップデート出来ます。

また正式な発売日は発表されませんでした、当初は6月に発売か!?と思いましたが7月以降が濃厚な感じです。

カテゴリー: ニュース

2015 年 5 月 16 日

パソコンの絞り込み機能を改善しました

デスクトップPCの価格と性能比較

ノートPCの価格と性能比較

上記URLのパーツや価格で絞り込む機能を改善しました

今までは常に全てのパーツから選ぶスタイルだったのですが
改善により表示されているパソコンの構成パーツのみ表示される様にしました。

例えばCPUナンバー「Pentium-3805U」を選んだ場合
表示されるパソコンは1台で メーカーは「NEC」だけが表示されます。

一部、画面サイズやメモリ容量等は全てのサイズを表示しています。

順次、他のページにも対応させますので今後とも「お役立ち徹底比較サイト」宜しくお願い致しますm(__)m。

カテゴリー: ニュース

2015 年 3 月 16 日

デスクトップパソコンの価格性能比較を更新しました

新年早々から更新作業を始め(^^;

パソコン工房、マウスコンピューター、ドスパラ

デスクトップパソコン主要3社の構成、価格を更新しました。

CPUは人気No1=Core-i7-4790Kを全ての比較に共通とした。
SSDはインテル 530、Crucial MX100、Samsung 850 PRO、PLEXTOR M6e M.2
ビデオカードは
GeForce-GTX-750Ti-2GB
GeForce-GTX-760-2GB
GeForce-GTX-970-2GB

の構成で各社の価格を比較してみます。
SSDが同じものを選べなかったので同クラスとしました。


同クラスの構成例1

3社全てで選べるGeForce-GTX-760-2GBで比較してみた

CPU=Core-i7-4790K
メモリ=16GB
SSD=240~256GB(パソコン工房、ドスパラ=Samsung 850 PRO、マウス=PLEXTOR M6e M.2)
HDD =2TB×1台
ビデオ=GeForce-GTX-760-2GB

の場合最安マウス(166968円)<パソコン工房(172152円)<ドスパラ(219831円)


同クラスの構成例2

3社全てで選べるGeForce-GTX-760-2GB、SSDをコストパフォーマンスの高いもので比較してみた

CPU=Core-i7-4790K
メモリ=16GB
SSD=240~256GB(パソコン工房=Samsung 850 EVO、ドスパラ=SSD Crucial MX100、マウス=インテル 530)
ビデオ=GeForce-GTX-760-2GB

の場合最安マウス(156168円)<パソコン工房(164592円)<ドスパラ(178350円)


同クラスの構成例3

Maxwellアーキテクチャのミドルレンジで人気のGeForce-GTX-750Ti-2GBで比較してみる
残念ながらマウスでは選択できずパソコン工房、ドスパラの2社での比較となった。

CPU=Core-i7-4790K
メモリ=16GB
SSD=256GB(パソコン工房、ドスパラ=Samsung 850 PRO)
ビデオ=GeForce-GTX-750Ti-2GB

の場合最安パソコン工房(175932円)<ドスパラ(178350円)


同クラスの構成例4

Maxwellアーキテクチャのハイエンドで人気のGeForce-GTX-970-4GBで比較してみる
残念ながらマウスでは選択できずパソコン工房、ドスパラの2社での比較となった。

CPU=Core-i7-4790K
メモリ=16GB
SSD=240~256GB(パソコン工房、ドスパラ=Samsung 850 PRO、マウス=PLEXTOR M6e M.2)
ビデオ=GeForce-GTX-970-4GB

の場合最安マウス(188568円)<パソコン工房(189432円)<ドスパラ(221161円)

メモリが32GBになると
の場合最安がパソコン工房(235288円)<マウス(236736円)<ドスパラ(273238円)


結果は

ミドルレンジまでは最安がマウス<パソコン工房<ドスパラ

ハイエンドになると最安がパソコン工房<マウス<ドスパラ

となった、ドスパラの魅力はケースが選べる、カバリーディスク(DVD)付属のOSが選べるといった所です。

カテゴリー: ニュース

2015 年 2 月 03 日

タブレットの比較をはじめました

最近人気のタブレットも価格性能比較はじめました、

最新のタブレットをスペックや価格で比較

今の所、NECと富士通FMVだけですが順次メーカーを増やしていきますので皆様ご活用ください!

カテゴリー: ニュース

2014 年 12 月 29 日

GeForce GTX 980/970搭載ビデオカード及び搭載PCが発売

2014年9月19日NVIDIAがGeForce GTX 980/970を発表し
各メーカーからGeForce GTX 980/970搭載ビデオカード及び搭載PCが発売された。

GeForce GTX 960も10月中旬には発売される様だ。

新旧GPU性能比較表

GeForce GTX 980 GeForce GTX 970 GeForce GTX 780 Ti
アーキテクチャ Maxwell(GM204) Maxwell(GM204) Kepler(GK110)
製造プロセス 28nm 28nm 28nm
動作クロック(定格) 1,126MHz 1,050MHz 875MHz
動作クロック(ブースト時) 1,216MHz 1,178MHz 928MHz
TDP 165W 145W 250W
CUDAコア数 2,048基 1,664基 2,880基

Maxwell世代のハイエンド「GeForce GTX 980」ベンチマーク速報によると

電力効率に優れたMaxwellアーキテクチャの採用により、1.4倍のCUDAコア性能と、2倍の電力性能比を実現している。
このため、Kepler世代のGPUとは、CUDAコアの数だけで性能の優劣を判断することはできない。

またMaxwell世代のハイエンド「GeForce GTX 980」ベンチマーク速報では
AMDのシングルGPU最上位モデル「Radeon R9 290X」とGTX 980のベンチマーク比較も行われている
多くのベンチマークでGTX 980が上回っており、更に驚くのは消費電力が低いことだ。
詳細は掲載ページをご覧いただきたい。

MaxwellアーキテクチャのGTX 980/970/960は性能アップと共に消費電力低下と、要注目のGPUだ。

カテゴリー: グラフィック , ニュース

2014 年 9 月 21 日

インテル コードネームHaswell-E が発売!

Ivy Bridge-Eの後継CPUとして、ハイエンドデスクトップ向けに投入されるHaswell-Eは、Intelのコンシューマ向けCPUとして初めて8つのCPUコアを備えた「Core i7-5960X Extreme Edition」(以下i7-5960X)を筆頭に、6コアCPUの「Core i7-5930K」と「Core i7-5820K」、計3つの製品が投入される。

インテルから発表・発売された開発コードネームHaswell-Eはハイエンドデスクトップ向けのCPUで
最上位モデルのCore i7-5960X Extreme Editionはインテルの一般向けでは初めての8コアCPUだ!

haswell-e-core-i7-5960x

スペック比較表

  Core i7-5960X Core i7-5930K Core i7-5820K
コア数 8 6 6
スレッド数 16 12 12
動作クロック(定格) 3.0GHz 3.5GHz 3.3GHz
動作クロック(ターボ時) 3.5GHz 3.7GHz 3.6GHz
TDP 140W
対応ソケット LGA2011-v3

ベンチマーク結果だが【本日発売】ついに登場したDDR4対応CPU「Core i7-5960X Extreme Edition」レビュー
で詳しく掲載されてるので見て頂きたいのだが、概要を説明すると

下記3つの主要ハイエンドCPUを比較している

Core i7-5960X(Haswell-E)=8コア16スレッド/ 最大3.5GHz/ TDP 140W
Core i7-4930K(Ivy Bridge)=8コア16スレッド/ 最大3.9GHz/ TDP 130W
Core i7-4790K(Devil's Canyon)=4コア8スレッド/ 最大4.4GHz/ TDP 88W

最新の拡張命令セットも利用するSandraのProcessor Multi-Mediaでは、Haswellアーキテクチャで新たにサポートしたAVX2を活用した8コア12スレッドのCore i7-5960Xが他を圧倒しているが
実アプリケーションに近いPCMarkのスコアではCore i7-4790K(Devil's Canyon)が最も良い値を出している。

iCore i7-5960Xの8コア12スレッドは、マルチスレッド対応アプリケーションで使ってこそ真価を発揮するものであるということがわかった。

一般用途ではCore i7-4790K(Devil's Canyon)の人気は変わりなさそうだが、
8コア12スレッドをフルに活用出来るマルチスレッド対応アプリケーションを使用するのであればCore i7-5960Xを選択する価値は十分にある。


カテゴリー: CPU , ニュース

2014 年 8 月 30 日

AMD 4.3GHz駆動のFX-8370Eを発表

米AMDはFX-8370E、FX-8370を発表し、両方とも9月2日に発売される予定の様だ。

fx-8370e

仕様は
---------------------------------------------
FX-8370E
8コア4モジュール
動作クロック(定格)=4.1GHz
動作クロック(ターボ時)=4.3GHz
TDP=95W
---------------------------------------------

FX-8370
8コア4モジュール
動作クロック(定格)=4.1GHz
動作クロック(ターボ時)=4.3GHz
TDP=125W
---------------------------------------------

E付きとE無しの差ですが
E付きはTDP95Wの低消費電力モデルとなります。

ちなみにインテルの現在一番人気Core i7-4790Kと比較すると
---------------------------------------------
Core i7-4790K
4コア8スレッド
動作クロック(定格)=4.0GHz
動作クロック(ターボ時)=4.4GHz
TDP=88W
---------------------------------------------

残念ながら既にあるFX-8350からFX-8370E、FX-8370に目新しさは感じません
8コアの魅力はありますが、マルチスレッドへの最適化が進んでいるアプリは少なく
今、私が買うならCore i7-4790Kですね。

久々に登場したAMD FX新モデル「FX-8370E」
ではFX-8350、FX-8370E、FX-8370、Core i7-4790Kを比較したベンチマークがありますので気になる方はご覧ください。

AMD頑張れ!

カテゴリー: CPU , ニュース

2014 年 8 月 24 日



最新のパソコンを比較して選び方をアドバイス

BTOのパソコンを比較するなら ©2003