カテゴリー

  • ***
  • 人口推計
  • 佐渡の産業・経営
  • 佐渡の観光
  • 過疎の生活
  • 書  庫
  • 農商工連携
  • アーカイブ
  • プロフィール



    ■直売所

    >>出店増床シミュレーション

  • ■新たにサイト開設しました。当サイトは「事務室」として残します。

     掲載したいことがあるつど建て増しする形で長年に渡りサイト運営してきました。整理整頓しようと試みましたが徒労に終わりました。一方で、何十年来あった経営と地域への懸念は次第に姿が明らかになってまいりました。
     そこで、当サイトは誰もいない「事務室」として残し、内容を随時削除したり移転することにしました。お伝えしたいことは次の別サイトを開設して取り上げていくことにしました。



       >>新サイトトップページ   ※新潟日報で紹介されたサイトです。
       >>
    資料室



    ■施策づくりの目安となる5つの人口増減シミュレーション

      経営では数値目標を必ず決めます。では、どれ位の規模の施策を行うと、人口はどのようになるのでしょうか。その目安となるシミュレーションを行ってみました。

    ※変数として使用している「生残率」「出生率」「移動率」は、最終検証してありません。今後、多少変化する場合があります。




       >>施策づくりの目安となるシミュレーションのグラフ化



    ■年末調整ソフトを作成!

      年末調整ソフトがほしいといわれ、昔作ったものを手直しする機会がありました。
     大きな事業所では専用ソフトを使うから容易でしょう。大変なのは、ソフトを買うまでもないので手作業で行うところです。税務計算〜源泉徴収票記載、法定調書や納付書まで作成すると数日かかることもあります。このような事業所の方に使っていただきたいと思います。少し多めに100人までの年末調整ができるようにしましたが、その場合でも前述作業は数分でできます


       

    ※モデルとして掲載してあるのは、税務署の「年末調整の仕方」の事例です。その他の例による検証はしていません。自己責任で活用ください。
     なお、不明な点はメールなどで問合わせください。

    tyobo.jpg


       >>テンプレート⇒h23年末調整(エクセル)



    ■販売士制度を紹介!

      販売士を説明をする機会がありました。 昔、販売士受験者の勉強会の講師をしていました。そんなことで声かけがあったのでしょう。制度を紹介します。
      販売士制度は...
    ●日本商工会議所、全国商工会連合会が行うものです。
      ※簿記検定などに準じています。
    ●小売・流通業で唯一の公的資格です。
      ※中小企業庁が後援しています。
    ●ドイツのマイスター制度が創設の背景にありました。
    -------------------------------
    ●活躍の場は日常の職場です。
    ●やる気のアピールに最適です。
    ●自分の採用スタイルに合わせて活躍できます。
    ●3級、2級、1級と自分に合ったクラスからスタートできます。
    ●仕事を働きがいにします。


       
       >>
    販売士制度   
           >>
    日本販売士協会
     
           >>
    おすすめテキスト  
           >>
    おすすめテキスト&過去問題集  

           >>
    英単語略字&専門用語

    ■佐渡-沈没?再生?-時計を再セットしました。

      h22国勢調査資料を基に再セットしました。
       今回は、この10年間通しての推計誤差0.1%だった平成12年版を使ってみました。パロディですが、現在の過疎化の進行が変わらない場合、最後の一人になるまでのカウントダウンです。もちろん、そこまで現在の移動率・生残率・出生率を延長することは無理です。 ここでは、 「思いっきり遠くを見ることで、今すべきことがわかる」との視点から掲載しました。
     

    count.jpg
       
       >>カウントダウン時計   
           >>推計表(エクセル) 

    ■元帳ができるエクセル簡易帳簿を作成しました

      頼まれ事があり、エクセルで作成した会計帳簿に対して、「元帳作成」シートを組み込む機会がありました。それで、昔作成した団体用帳簿エクセルソフト(下欄テンプレート)から元帳用マクロを抜き出して作成してみました。
     それが、下欄の「簡易帳簿」です。ご覧ください。
     
      手書きは嫌だし、かといって会計ソフトを買うまでもないし...。 そういった場合、エクセルで現金出納帳や仕訳帳など作成したりしますが、元帳は少し手間暇かかるため、作成しない場合もあるものです。でも、やはり元帳を作成しないと帳簿の要件を満たしているとはいえません。そのような方々、たとえば小規模団体、そしてイベントなどの特別事業を行う場合に活用してもらうとよいと思います。
     
    よくわからない...、自分の団体用で使えるようにしたい...。 そんな方は連絡いただければ説明や手直しをいたします。もちろん無料です。
     
    ※テンプレートには、元帳各勘定の一括印刷するマクロもあります。
     


    tyobo.jpg


       >>簡易帳簿  
       >>テンプレート  
      

    ■経済波及効果シミュレーションを試作しました。

    ●出所: このシミュレーションは、青森県の「産業連関分析(波及効果計算)シート」を基にして、佐渡のデータを入れ替えたものです。 なお、佐渡のデータがない部分については同シートを加工しています。 

    ●試作: このシュミレーションは次の理由から試作の段階です。

    @逆行列係数の基になっている基本取引表が端数処理でゼロになっている箇所があり、その後の計算結果に当初数値が反映されていないため。
    A雇用誘発における雇用者係数が55部門では不明のため、便宜上一単位あたり雇用所得を決め、雇用所得を同単位金額で除した。このようなやり方が認知されているかは不明であり、識者の助言を今後もらいたいため。


      >>経済波及効果シミュレーション

      >>青森県産業連関分析(波及効果計算)シート



    ■55部門の佐渡市産業連関表を試作しました。

     佐渡市では、平成18年度に産業連関表(15部門)を作成しております。これに対して、外部の方から55部門の産業連関表がほしい旨のリクエストがあり、試作してみました。
     
     リクエストの主旨は、佐渡市の産業を大まかに理解したり、他地域と比較するには産業を15部門に区分したもの、産業施策の効果を測定するには更に55部門に分けたものが適しているということでしょう。 

    ○産業連関表の基となった事業は「離島地域における地域産業の再生に関する研究」です。 ※平成19年3月 佐渡市、地方自治研究機
    ○私は、ぜひ産業連関表がほしいという提案をした団体職員の一員として、一連の事業に関係していた立場です。
    ○この結果、15部門の産業連関表が作られましたが、55部門は基本取引表のみ提示されました。
    ○試作は、15部門の産業連関表を、このような流れで作成したであろうと計算し、その結果と実際の逆行列表を検証したうえで、同じ過程で55部門を作成したものです。
    ○私は、例せば車を運転(経済波及効果のシミュレーション)をしたいために、車の構造(産業連関表の作成)を知る程度であり、産業連関表そのものの専門家ではありません。 そこで、作成過程も示したファイルを添えて逆行列係数表を公開します。

     皆様からご覧いただき、間違いやお気づきのところがありましたら、ぜひ指導いただけますようお願いいたします。 問題なければ、これらを容易に活用できる「経済波及効果のシミュレーション」を制作する予定です。


      >>佐渡市産業連関表-55部門(エクセル)

      >>離島地域における地域産業の再生に関する研究



    ■直売所の出店・増床シミュレーションを制作しました。

      どの地域に出店するとどれだけのお客様を誘引できるのか、売場面積を増やしたらどれだけ販売の伸びが期待できるのか。そのような事業に協力する機会がありました。原型となるテンプレートを制作すると共に、関係者が机上演習できるようシミュレーション化してみました。  ご覧ください。

    メッシュ図

    【方法】 
     国勢調査結果をメッシュ地図で紹介している国の地理情報システム(GIS)と、商圏測定ツールであるハフモデルを活用しました。この計算に必要な各店の売場面積は実地調査、各地域(各メッシュ)と各店舗の距離はメッシュ上から読み取る方法としました。 
     なお、基のテンプレートは、野菜を扱っている30数店について、売場面積の規模による期待吸引可能高を個別に算出しました。 しかし、ここでは個別店舗毎ではなくてメッシュ単位に紹介しております。

    【できること】 
     このシミュレーションでできることは次のようなことです。
       ・どの地域(メッシュ)に出店することが有利であるか数値でわかります。
       ・売場をどれだけ増すと、どれだけの売上高が期待できるかわかります。
       ・ハフモデルのλについて地域や品目独自の値をさがすことができます。
       ・直売所以外の業種でも、売場面積の実地調査があれば応用できます。
       ・出店に伴う吸引確率の多少を色分けで一見できます。(上図参照)



    【留意点】
     お客様がお店を選択する基準は多くあります。ここでは、売場面積というハードだけを取り上げて吸引可能額を算出したものです。売上高を言い当てるものでも売上高を予測するものでもありません。実際の売上高は、ソフトとしての販売促進策の相乗効果として出てくるものです。ご注意ください。
      なお、ハフモデルは需要予測を行うためのツールですが、今回の作業に携わってみて、各店の販売計画を練るためのツールとしても十分活用できるものであることがわかりました。

    【お願い】 
     このテンプレートに皆様の経験則を加え、直売所はもちろん、他の業種でも活用して、実践に耐えうるものにしていきたいと思っています。
     調査研究又は特定業種の実践活用として取り上げてみたいと思われる方々は、ご一報ください。ボランティアでお手伝いいたします。



      >>
    出店先探索・増床効果シミュレーション(HTML)
      >>出店先探索・増床効果シミュレーション(エクセル)

      >>地理情報システム(GIS)



    ■平成22年国勢調査で佐渡市人口62,724人

      私が行った将来人口推計は62,418人、その誤差0.5%でした。平成17年国勢調でも誤差は0.5%です。佐渡市の人口は、最後のおばあちゃん一人となる2255年に向けて、依然として一本の軌道に乗って走っています。
     佐渡市の将来人口推計は幾つかの機関が行っています。その中から、佐渡市は64,000人を計画の基にしているようです。私の推計は常に一番低いものでした。それが10年前から当たりだしました。きっと、次のことが原因だと思います。

    ・h12年までは、Uターン後は島内にとどまる状況があった。
    ・ところが、h17からは30-39歳の流出が出だした。

     以上を図示したのが下図です。
     上は男性の社会的移動率で下は女性のもの。それをh12とh17比較したものです。この流れが、定着したものと思います。何時か調べたいと考えています。

    sangyo.jpg


       >>H17年国勢調査の社会的移動率のコメントページ
          (suuti0034.jpg)   
       >>
    平成17年国勢調査を基にした将来人口推計 
       >>
    消滅へのカウントダウン時計(新データによる調整前のものです)


    ■縮小する産業・10年後の佐渡

      10年後の佐渡の人口と産業を数値で示してほしい。こんな要請がありました。産業再生が難しくなることを感じ、まだ体力のある数年の間にコトを興したい。そのための資料としたいということでした。
      「農村工業導入(企業誘致」「観光倍増計画」で見事に倍増した佐渡の産業。その産業の勢いは、平成に入り10年の間にピークを迎えて下降を始めました。そして今から平成30年頃までの10年間。どのような動きが予測されるのでしょうか。ご覧ください。


    sangyo.jpg


       >>掲載ページへ  
      

    ■商店街の再生策

    《興行力、宣伝力、会場力、支援力を活用し地域コミュニティの核へ》 
      佐渡における「商店街の現状」「商店街の方向」、そして「商店街の展開例」を紹介しました。なお、展開例の「催しの例」「特長ある個店例」は、「伝統文化と環境福祉の専門学校」の「介護福祉学科」2年の授業で考え提出してもらったものです。 (資料は専門学校の授業用のものです)
    mati.jpg


       >>商店街の現状       >>商店街の方向       >>商店街の展開例





    過去の掲載内容   >>アーカイブへ

    プロボノ活動

  • 経営のお手伝い
  • ***
  • 新聞連載
  • 講演テーマ
  • 委員:地産地消
  • 委員:島の応援団
  • ***
  • 講師:専門学校
  • ***
  • その他プロボノ活動


    シミュレーション

  • 将来人口推計
  • カウントダウン
  • 人口ピラミッド
  • 数値で診る佐渡


    リンク

  • 佐渡市統計資料集
  • にいがた県統計BOX
  • 総務省統計局データ
  • ***
  • にいがた産業創造機構
  • 中小企業ビジネス支援サイト
  • 中小企業応援センター
  • 地域資源活用チャンネル
  • 農商工連携パーク
  • 地域経営研究所
  • 撤退の農村計画
  • ***
  • ***

    更新記録

    -----------------
    ●2012.5.5 サイト閉鎖。ただし、「書庫」として残すことになりました。
    ●2012.2.21 「5つの人口増減シミュ」をアップしました。
    ●2012.1.31 「専門学校の授業テキスト」をアップしました。
    ●2011.12.9 「商店街の展開例」をアップしました。
    ●2011.12.3 「年末調整ソフト」をアップしました。
    ●2011.11.28 「販売士制度の紹介」に「おすすめテキスト・過去問題集」をアップしました。
    ●2011.7.4 「販売士制度の紹介」をアップしました。
    2011.5.30 「カウントダウン時計」を更新しました。
    ●2011.5.26 「元帳ができる簡易帳簿」をアップしました。
    ●2011.3.25 「経済波及効果シミュレーション」をアップしました。
    ●2011.3.20 「55部門佐渡市産業連関表」をアップしました。
    ●2011.3.5 「直売所の出店・増床シミュレーション」をアップしました。
    ●2011.2.4 専門学校の「第14・15回講義資料」をアップしました。
    ●2011.1.28 「国勢調査結果をアップしました。
    ●2010.12.12 「縮小する産業・10年後の佐渡」をアップしました。

    ●2010.11.29 「商店街の再生策一考」をアップしました。
    ●2010.11.28 「さど食の陣委員就任」をアップしました。
    ●2010.11.28 「インターンシップの世話人」をアップしました。
    ●2010.11.17 「トキカード会HP」をアップしました。
    ●2010.10.9 「借金862
    兆円はこうしてふくらんだ」をアップしました。
    ●2010.9.4 「佐渡市地産地消
    まつり挨拶」をアップしました。
    ●2010.11.2 専門学校の「第9回講義資料」をアップしました。
    ●2010.10.19 その他のプロボノ活動をアップしました。
    ●2010.10.12 専門学校の「第5・6回講義資料」をアップしました。
    ●2010.10.2 専門学校の「第7回講義資料」をアップしました。
    ●2010.9.20 「この先の地産地消、農商工連携」をアップしました。
    ●2010.9.16 「地産地消」サイトに生産者・事業者紹介コーナーを設けました。
    ●2010.9.6 「農村の撤退計画」とリンクしました。
    ●2010.9.4 「農商工連携への支援機関の動き」をアップしました。
    ●2010.9.1 地産地消サイトを開設しました。
    ●2010.8.29 中小企業診断士と農業経営支援をアップしました。
    ●2010.8.29 カテゴリーに「農商工連携」を設けました。
    ●2010.8.25 人間の安全保障を紹介しました。
    ●2010.8.5 リニューアルしました。
    ●2010.8.5 従前の特集などはアーカイブへ掲載しました。
    ●2010.8.5 従前のカウントダウンは左サイトのリンクでご覧ください。