イドヘルパー養成講座の受講報告

会社のキャリア形成事業の一環として、2月17日〜3月4日までの7日間、上諏訪で行われた、ガイドヘルパー養成講座を受講しました。主催は障害者の自立をいろんな面で支援しているO氏が代表を務める長野県障害者生活支援事業連絡協議会です。

私を含めて36名の受講生で、地元の岡谷、諏訪だけでなく南安曇郡、東筑摩郡からも参加者がありました。ほとんどの方が介護職に就いておられ、介護福祉士でもできないガイドの資格を取りたいとやってきた人もいました。二級ヘルパーの私は、内容がヘルパー養成講座とあまり変わりないのではと、気楽に出かけましたが、内容がとても濃く、障害者の生の声や実務者の声に直接触れることができ大変参考になりました。

普段お目にかかることのないPT、STの方からパワーポイントで姿勢保持、事故防止、コミュニケーションなどを学び、講座6日目は会場〜上諏訪駅〜岡谷駅〜イルフプラザ(ここでペアを交代し戻る)までの間、屋外の移動介助実習でした。バス、タクシーの乗降は以前習ったものの、初体験のエスカレーター、電車の乗り降りはさすがにガイドもガイドされる側も怖いと思いました。視覚障害を担当された実務経験豊富なY氏は、「ガイドが不安になるとガイドされる人も不安になってしまう。」とおっしゃったのが印象に残ります。

とにかく7日間の研修も無事に済み、あのT県知事名の修了証書を頂きました。運営に相当のご苦労をされた「ぴあねっと21」、「オアシス」の皆様どうもありがとうございました。

最後に、ガイドヘルパー養成講座は今後松本、上諏訪で、「ぴあねっと21」、「オアシス」が独自に運営するようですので、障害者と一緒に努力したいと思う方は参加してみてはいかがでしょうか。ところで大町のT氏はいくつメダルが取れたのかな?

                              (T・G)

*介護福祉士、ホームヘルパー資格保持者は数科目免除されます。

「ぴあねっと21」 URL:http://www.avis.ne.jp/~pianet21

「オアシス」 URL:http://www.lcv.ne.jp/~oasis03/