守秘義務および倫理規定

守秘義務規定および倫理規定

エフワイエルは、福祉サービスの評価・調査を実施するに当たり、守秘義務に関する規程及び倫理規程を下記のとおり規定する。

守秘義務規定

  1. エフワイエルが収集する情報は、各事業実施に必要な最小限の情報とし、それ以外の目的には決して使用しない。
  2. エフワイエル及び各事業にあたってエフワイエルからの協力依頼や一部の業務委託を受けた者は、各事業を実施する上で知り得たサービス利用者及びその家族並びにサービス事業者に関する情報を、第三者に漏洩しないこと。この守秘義務は契約終了後も同様である。
  3. エフワイエルは、第三者評価で実施した利用者調査及び事業評価におけるサービス事業者の職員の自己評価結果については、記入者が特定されないように加工した上でサービス事業者に報告するものとし、実際に使用し、回答の記入された個別の調査票については、サービス事業者やその他の第三者に漏洩しないよう管理し、長野県の定める保存年限到達後速やかに破棄する等の処理を行なう。
  4. エフワイエルは、利用者等に関する情報が記載された書類については、サービス事業者への訪問調査を行う際に現地で閲覧により確認することとし、事業所の外には持ち出さない。
  5. エフワイエルは、事業者が業務上作成している内部資料については、原則として現地で閲覧により確認することとし、事業所の外に持ち出さないこと。但し、事業者の同意がある場合にはこの限りではない。

倫理規定

  1. エフワイエル及び各事業実施にあたってエフワイエルから協力依頼や一部の業務委託を受けた者は、各事業を実施する際、また苦情・相談等の対応の際、利用者及びその家族並びに事業所に調査協力を強いることのないよう、利用者及びその家族、事業所の意思を充分に配慮し、人権を尊重する。
  2. エフワイエルは、各事業に関する問い合わせや苦情に対応する窓口を社外にも設け、サービス事業者、サービス利用者及びその家族等に周知する。