第三者評価とは

「利用者のサービスの選択」および「事業の透明性の確保」のための情報提供

サービス選択の情報源として利用者・家族に活用されるだけでなく、他の事業者の取り組み事例を自らの事業改善のための情報として活用することが出来ます。

事業者のサービスの質の向上に向けた取組みを支援する

事業者自らが評価の実施を判断し、評価機関と協働することで改善のための「気づき」が得られ、福祉サービスや経営の質の継続的な向上が可能となります。

こうして利用者本位の福祉の実現を目指す取組みが「福祉サービス第三者評価」です。
エフワイエルでは、継続的な福祉サービスの質の向上を目指し、事業者が積極的に福祉サービス第三者評価に取り組むことを応援します。

評価を実施するメリット

  • 利用者調査を行うことで、潜在化した利用者・家族の評価や意向を把握することができます。
  • 評価結果と評価プロセスから、サービスや経営の良い点や改善点など、新たな「気づき」を発見することができます。
  • 組織運営に詳しい評価調査者から、新たな経営への「ヒント」を見つけることができます。
  • 利用者・家族・地域の皆様に、事業者としての考えや取組み、事業所の強みについて積極的にPRができます。
  • 他の事業者の評価結果から様々な工夫を読み取り、自らの改善に役立てることができます。

評価はこのように行います

図表:評価の流れ

第三者評価制度Q&A

どのように評価機関を選ぶのですか?
選定のポイント
・評価機関の評価に関する考え方
・所属評価調査者の経歴
・過去の評価実績・評価の内容
・評価料金
エフワイエルでは、福祉サービスの種類に関係なく、基本料金は税込み252,000円です。
詳しい内容・割引等については、お気軽にお問い合せください。
利用者調査とはどのようなものですか?
利用者調査は原則として利用者本人に対する全数調査です。
サービスの種類ごとに長野県が定めた方式に則り、利用者の意向を把握します。
調査後その結果は公表されます。
評価結果は必ず公表しなければなりませんか?
公表を前提として評価機関と契約を交わします。
評価結果報告会において納得のいくまで話し合いまとめますが、納得がいかない場合は評価結果を公表しないことができます。
第三者評価に対する現場の意見はどうなりますか?
第三者評価に対するご意見や、評価機関に対する要望をお聞きします。
「第三者評価結果に対する福祉サービス事業者のコメント」これにより今後の第三者評価事業推進のための参考として活用させていただきます。

評価機関選定のポイント

  • 事業所のサービス内容に関連する経歴を持った評価調査者がいるか?
  • 過去に類似したサービスを評価しているか?
  • 評価機関として何に重点を置いて評価を実施するのか?
  • 評価料金・スケジュールはわかりやすく説明できるか?