●白斑・つまり・しこり


  
【白斑とは】
  乳首に白色または透明の小さなデキモノや水泡が出来、赤ちゃんに吸われると乳首が痛いという場合、
  また吸われても痛くもないけど、乳首にデキモノが出来ていているという場合などがあります。
  このデキモノは「白斑(はくはん)」と呼ばれるものです。
  これは乳腺やおっぱいの出口が詰まってしまって、母乳が乳首の外に出られなくなったためにおこる現象です。

  【まずは赤ちゃんに飲んでもらうこと!】
  白斑ができた場合は、とにかく赤ちゃんに吸ってもらうのがいちばんです。
  溜まり乳さんは、脇やおっぱいの下側に赤ちゃんの飲み残しの母乳が残りやすく、
  それが詰まりやしこりの原因となり、白斑が出来やすくなるようです。
  いつも同じ抱き方で飲ませていると、赤ちゃんが同じ乳腺からしか母乳を飲んでいないことになり、
  飲んでもらえない乳腺・乳管のおっぱいは腐り乳となり詰まり・しこりになってしまいます。
  いつもと抱き方を変え、縦抱きやフットボール抱きなどをしてみたり、
  普通の抱き方でも角度を少し変えてみるなどすると、脇や乳房の下側がスッキリします。
  また、しこりがある場合は、しこりの部分を手のひらや指で軽く押さえながら授乳してみるといいですよ。
  こうして赤ちゃんに飲んでもらうことでキレイにしこりが消え、白斑部分から母乳が分泌されるようになります。
  授乳後に洗面所等で搾乳し、白斑部分から母乳が出てきていたら、も
う大丈夫です。

  【赤ちゃんが飲んでくれない・飲んでも白斑が消えない場合】
  赤ちゃんに何度飲んでもらっても白斑部分から母乳が出てこなかったり、
  赤ちゃんが白斑部分から出てきた古い母乳を嫌がって飲まなかったりする場合もあります。
  そうなった時は、自分でしっかりと搾乳・マッサージをしてみてください。
  乳首をもみほぐしたり、乳房のいろんな部分を軽く押しながら搾乳し、白斑部分に繋がる乳腺を探してみてください。
  蒸しタオルなどをあてたり、お風呂で温まってからだと、わりと楽に搾乳できるようです。

  【搾乳の仕方】
  これは私のやり方ですが、乳輪を親指・人さし指・中指でつまむように搾乳し、
  時々、乳首を人さし指と親指でしごいたり、押したりして、乳首のつまりも取り除きます。
  もう片方の手はしこり部分を押します。洗面所にかがむようにするとやりやすいですよ。
  また、乳首をいろんな方向から親指と人さし指で軽く押してやわらかくするのも効果があります。
  (このマッサージは日頃からしておくと予防にもなります)
  
  
【プロのマッサージで解決】
  自分ではどうしようもない場合には、マッサージをしてくれる助産院に行かれるのがいいと思います。
  (「プロの乳房マッサージについて」)
  産婦人科を受診するのもいいですが、薬をもらっただけとか、針で白斑に穴をあけられただけなどということがあります。
  これだと根本的な解決にはなりませんので、
  乳房マッサージをしてくれるかどうかお電話などで尋ねられてから行かれるといいと思います。

  【白斑・しこりの原因】
  白斑やしこりの一番の原因はママの食事にあります。
  母乳はママの血液から出来ているので、油っこい食事や甘いお菓子を摂ったり、乳製品を飲んだりしたことによって、
  血液がドロドロ血になり、流れが滞ってしまうために、白斑やしこりが出来やすくなります。
  「食事について」の項目をしっかり読んで頂き、良い母乳を作るよう心がけてください。

  また、肩凝りや疲れなども血液の循環が悪くなり、つまり・しこりの要因となりますので、
  肩を回したり軽く運動をしたりして、血液の流れをよくするよう心がけるといいそうです。

  意外と見逃しがちなのが下着で、ワイヤー入りのブラジャーなどをつけて体を締めつけていると、
  血液の流れが悪くなり、特に脇のあたりが詰まりやすくなります。
  授乳中はやわらかいノンワイヤーのブラジャーをつけるだけでも違いますよ。
  私のオススメのブラジャーは千趣会ベルメゾンのソフトタイプのブラジャーです。
  また、ガードルでの締めつけも血液の流れを悪くしてしまいます。
  おんぶ紐や抱っこ紐の長時間使用も、血流を圧迫してしまうので、気を付けて下さいね。

  その他、性交渉は、子宮が急激に収縮し、母乳が製造されるため分泌過剰となり、
  詰まり・しこりの原因になることがありますので、おっぱいの調子が悪い時は控えめにしたほうがいいようです。

  小さな白斑、ちょっとしたしこり、と思っていても、ほっておくと乳腺炎になりかねません。
  早急に原因を取り除き、普段からケアをしてくださいね。