●質の良い母乳による子どもの変化


  
<頭の形の変化>
  桶谷の本で、8ヶ月〜11ヶ月頃に質の良い母乳を飲ませていると、頭の形がよくなると書いてあり、
  ちょっと頭がいびつだった我が子の為に、この期間は特に食事に気を付けてみました。
  すると、本当に頭のいびつが目立たなくなったんです〜!
  この8ヶ月以降という期間は、脳がとても発達する時期なので、
  この期間に質の良い母乳をあげていると、脳の発達を更に促し、脳が大きく成長するからのようです。

  <目の輝き>
  質の良い母乳で育った子は、目がとても澄んでいて輝きが違うそうです。
  大人でもおいしく質の良い食事を毎日していると、やっぱり生き生きしますよね。子どもも同じです。
  3時間ごとにママに抱っこされ、おいしい母乳をもらっていることで、安心している時間が長いので、
  情緒が安定し、まわりを観察する時間が増え、興味津々の目になるということも言えるようです。
  また、良い母乳で育った赤ちゃんは、視力が良いというデータもあるそうです。
  
  
<体形の変化>
  母乳の質を良くすることで、赤ちゃんの体型にも変化があります。
  油っぽいものや甘いものを多くとったり、偏った食事をしていて母乳の質が落ちていると、
  母乳の糖分・脂肪分が高いために赤ちゃんが太り気味になる傾向があるようですが、
  和食を心がけ、3時間ごとの授乳をし、いつも新鮮なおっぱいを飲ませることで、
  母乳の糖分・脂肪分や栄養が赤ちゃんにちょうどの状態になり、
  余計な脂肪の付かない、引き締まった体型になるようです。
  
  
<髪の毛の変化>
  ミルクや質の悪い母乳を飲んでいると、子どもの頭のてっぺんあたりの髪の毛が逆立つことがあるそうです。
  うちの子も、私が食事をちょっと怠っていると頭のてっぺんあたりの髪の毛が逆立ち、
  慌てて食事に気をつけ出すと、すぐに元通りになったりしました。
  もちろん髪質による場合もありますが、ちょっと観察してみてください。