●授乳中の生理について


  
●授乳中なのに生理が再開した
  「母乳をあげてると生理がこないので妊娠しない」「授乳中は生理が来ない」
  と思われている方が多いようですが、これは間違いです。
  授乳中でも排卵しますし、生理も来ますし、もちろん妊娠もします。

  母乳を飲ませていると、赤ちゃんが吸う刺激によってプロラクチンというホルモンが分泌されるのですが、
  このプロラクチンには排卵を抑制する働きがあるので、生理が来ない方が多いのです。
  しかし、ママの子宮も産後の疲れが取れてきて回復してくると、体がそろそろ排卵しようかなという準備をし始めます。
  この時に、混合などで母乳の量が少量だったり、完全母乳であっても夜の授乳がなかったり、
  授乳間隔が長かったり、1日の授乳回数が少なかったり、おっぱいの詰まりなどのトラブルがあったり、
  様々な理由で、排卵を抑制するホルモンが、排卵させるホルモンに負けて排卵が起こり、生理がくるのです。
  昔の人は産後1年以上は生理が来ない人がほとんどでしたが、
  現代ではママの栄養状態がよく、産後の回復が早い方が多くなり、そうではなくなってきているようです。

  ●生理が来たら母乳が出なくなる?
  「生理が来ると、もう授乳が出来ない?」と悩むママも多いようですが、そんなことはありませんよ。
  ただ、排卵日前後・生理中・生理前後は、基礎体温も大きく変化し、ホルモンバランスが変わるため、
  母乳の味が変化したり、おっぱいが冷たくなり、子どもがおっぱいを飲むことを嫌がることなどがあったり、
  ママ自身にも詰まりやしこりなどのトラブルが起こりやすくなります。

  生理が再開してしまったら、桶谷や山西系の助産師さんにメンテナンスをしてもらったり、
  自分でもマッサージやケアを行い、食事に気をつけ、また、頻回授乳を心がけ、
  特に夜間授乳をしっかり行うように心がけて下さい。
  そうすることで、プロラクチンが多く分泌され、排卵が抑制され、生理がまた止まったりすることもあります。

  「生理が来たから母乳量が減り、子供が飲まなくなった」のではなくて、
  生理が来るということは、おっぱいに詰まりがあったり、授乳回数が減ってしまっているなど、
  原因があって生理再開を引き起こしている場合が多いので、しっかりとケアをしてくださいね。

  ●私の場合
  私自身は、産後5ヶ月目で生理が再開しました。
  その時はまだ、「母乳をあげてると生理がこない」と思っていたので、ショックでした。
  そこで初めて桶谷式マッサージに行ったのですが、
  マッサージをしてもらうと、開いていなかった乳腺から緑色の母乳(腐り乳)が出てきたんです。
  常に新鮮な母乳がおっぱいの中を循環していると良いのですが、
  溜まり乳さんは詰まりやすいため、循環が悪くなり、そのために生理が早くくることがあるのだとか。
  「もう少し早くからマッサージに行っていればこの流れがスムーズになり、
  生理が来るのももっと遅くなったかも」と助産婦さんに言われました。
  でもその後、生理は産後8ヶ月までなく、その後は10ヶ月、1年と、断乳するまでは不順で、量もいろいろでした。