●自分でする乳房マッサージ


  乳房マッサージをするとおっぱいの血行がよくなりますし、
  乳首や乳輪がやわらかくなって、赤ちゃんも飲みやすくなります。
  また、乳腺・乳管の詰まりもとれ、トラブルも防げます。
  目指すはマシュマロくらいのやわらかさの乳首・乳輪です!

  【乳房全体のマッサージ】
  (1)左右の乳房を、脇から真ん中にぐっと寄せます。
     これを5回ほど繰り返します。
  (2)今度は乳房の下に両手を添え、上に向かって持ち上げます。
     これを5回ほど繰り返します。

  【乳首のマッサージ】
  (1)親指と人差し指で乳首の根元をしっかりつまみます。
     (親指が上で、人差し指が下。これが基本の持ち方となります。)
     その状態で、10回ほどつまみます。
     米印を描くように、斜めから10回、横向きに10回、つまんでください。
     (片方ずつです)
     その際、もう片方の手は乳房の下から持ち上げるようにしていると良いです。
  (2)再び、基本の持ち方で、痛くない程度にゆっくりと左右にねじります。
     (片方ずつ、3回程度)
  (3)次に、基本の持ち方から、乳首を引っ張ったり押したりします。
     (片方ずつ5回程度)
  (4)2本の指を、乳輪の一番外側に添え、乳頭まで指を滑らせるようにします。
     米印を描くように、斜めから10回、横向きに10回程度。
     おっぱいがパンパンに張っている時は乳輪がやわらかくなるまで。

  以上は、私が行っていた乳房マッサージです。
  乳房マッサージのやり方は、色々な育児書・妊娠本などに載っているものでもいいと思います。
  見よう見真似で自分でやっているうちに、自分流にうまく乳腺開通できるようになったりします。
  皆さんのそれぞれのやり方を作り出していってください。

  じるさんのHPでも「乳管開通法」として詳しくアドバイスされていますので、ご覧下さい。

  でも、自分でのマッサージには限界があります。
  特に根底部分に張り付いたしこりは、素人のマッサージではかえっておっぱいに負担をかけるだけになります。
  日頃のケアは、自分のおっぱいの良い状態を知るためにも大事ですが、
  決して硬い頑固なしこりを無理にほぐそうとせず、プロのお世話になってください。

  乳首をマッサージしすぎることによって形がかえって変形し、赤ちゃんが飲みにくくなる場合もあるので、
  あくまでの「ケア」程度で、くれぐれも無理しないようにして下さい。