zQUASI88 (QUASI88 for SL-C series)
last modified 2006/12/31
 概 要

・PC-8801エミュレータ"QUASI88"をQt用に書き換えて、Zaurus(SL-Cシリーズ)に移植してみました。


・オリジナルのQUASI88のサイトはこちらです。
・PC-8801 Emulator for X11/SDL - QUASI88 -  (http://www.117.ne.jp/~show/pc8801/pc88emu.html)
 快く公開に応じて頂いた福永氏に感謝です!

・QUASI88 0.6.2をベースに移植しています。
・SL-C1000でのみ動作確認をしています。

スクリーンショットはこちら
zQUASI88用の掲示板はこちら

 ダ ウンロード

お約束として・・・
 zQUASI88及びQUASI88は無保証です。使用の際は、あくまで自己責任でお願いします。
 zQUASI88に関してオリジナルの作者様に問い合わせるのもご遠慮下さい。

ver 0.6.2z1 - QUASI88 0.6.2ベース (2006/12/31)
  zquasi88_0.6.2z1-2_arm.ipk バイナリパッケージ (一部修正して差し替えました 2007/01/01)
  zquasi88src_0.6.2z1.tgz ソース

(※本体メモリ以外へのインストールはテストしていませんので注意して下さい。
    以前のバージョンがインストールされている場合には、
    アンインストールしてから、新しいバージョンをインストールして下さい。)

設定ファイルのサンプル (設定ファイル自体は無くても動作します)
  ※ ver 0.6.1からファイル名と置く場所が変わりました。

  quasi88.rc/home/zaurus/.quasi88/ の下に保存して下さい。

KeyHelper Applet用キー設定XMLファイル  zquasi88_kh.xml
  zQUASI88起動時に別アプリが起動しないように、CalendarやMailキー、
  KeyHelperのメニュー機能、キーリピート等を無効にする設定ファイルを用意しました。
  -keyhelperxmlオプションを指定すると起動時に読み込みます。
  /home/zaurus/Setting の下に保存してください。

--> 設定ファイルをまとめたアーカイブも用意しました。
      zq88_setting_v06.tgz (quasi88.rc, zquasi88_kh.xml が入っています)

必要なファイル等の説明も書いてありますので、
READMEも一度目を通してください。
過去のバージョン

 更 新履歴

2006/12/31
ver 0.6.2z1を公開しました。

主な変更点
・ベースを QUASI88 0.6.2に移行
・40文字モードの描画が変だったのを修正

オリジナルの主な変更点
(0.6.1->0.6.2)は、
・割り込みの発生条件と発生タイミングを見直し
・FDCの一部の処理(SEEKやREAD DIAGNOSTICなど)を修正
・マウス処理(移動量の設定タイミング)を修正
・ver 0.6.1のバグフィックス


2006/10/15
ver 0.6.1z1を公開しました。

主な変更点
・ベースを QUASI88 0.6.1に移行

設定ファイルの名前と置く場所が、
以前のバージョンと異なるので注意して下さい。

以前のバージョンから移植していない部分があります。
・QVGA用の設定ファイル
・gzip圧縮したディスクイメージ

オリジナルの主な変更点
(0.5.5->0.6.0)は、
・PCG-8100対応(表示のみ)
・サスペンドあらためステートセーブ機能を改善
・設定ファイルなどのディレクトリ位置を変更
・ウインドウ下部にステータスを表示 (Zaurusでは上部)
・スクリーンスナップショットのフォーマットに BMP形式を追加

SL-C1000でしか動作確認をしていないので、
三桁シリーズで動くかどうかわかりません・・・。


過去の更新履歴


も どる