教会学校のページ

  1. 教会は神の民・神の家族です。

    こどもたちもまたその中の一員であり、
    主イエス・キリストとの出会いを通して,
    救いにあずかるようにと招かれています。

    教会学校は「こどもの教会」であり、
    こどもたちに届く言葉で福音を語り、神の愛を証します。



  
瀬戸永泉教会では幼児から大人までの教会学校が用意されています。

 
   教会学校では、神さまのお話を聞いて、
   みんなで心を合わせてお祈りをします。


教会学校ってどんなところ?

  神さまのお話をきくことで、何が正しいか
   (神さまが何を望まれているか)を
   見つけることができるようになります。



どのようなクラスがあるの? 

 幼小科クラス(幼児~小学生低学年)

 小中男子クラス(小学校~中学男子クラス)

 中学女子クラス(中学女子クラス)

 高校生会(高校生クラス)

 大人(自分が大人だと思っている人のクラス)



どんなことをするの?

 先生のお話を聞いたり、讃美歌を歌ったりする礼拝をします。

 その後、学年ごとに集まって、お話をしたり、本を読んだり、

 みんなで楽しくゲームをしたりします。

 聖書のことを少しずつ学びます。(分級といいます)



持ち物

• 聖書、讃美歌は教会に準備してあります。

• 神さまの恵みを感謝して献金を捧げます(金額はいくらでもかまいません)。

 イースターやクリスマスの献金は、 地方の教会や、

 各地の諸活動を支えるために用いられます。


 教会学校の機関紙「こひつじだより」のページにいきます。