ダイブマスター



さまざまなダイバーをまとめる、責任あるプロフェッショナルを目指そう。
ガイドやインストラクターなど、ダイビングのプロを目指すダイバーのための入門的なコースです。インストラクターのアシスタントとして受講生を側面からコントロールする方法や、ダイビング中に起こったトラブルを堅実に処理する高いレスキュー能力、さらにビジネス的な観点に立ってグループや組織をマネジメントするノウハウなどを実践的に身につけていきます。また安全なダイビングを自ら実践し指導する立場の者として、一般レジャーダイバーより高いレベルの体力や泳力を備えていることが求められます。
参加条件:PADI レスキュー・ダイバー又は他団体の同等レベル
       エマージェンシー・ファースト・レスポンスの修了
       通算40ダイブ以上・18歳以上

コース内容

1.知識開発(店内にて)
・ダイブマスターの役割と資質

2.知識開発 Eラーニング(パソコンで自宅学習)

・ダイビング活動の監督
・生徒ダイバーのアシスト   ・安全とリスクマネージメント   ・特殊スキルと活動
・ダイビングビジネスとキャリア  ・ダイビング環境への意識  ・緊急アシストプラン  ・水中地図作成

3.ファイナルエグザム(120問) 
・パート1   ・パート2

4.水中能力とスタミナ・スキル評価 プール2日
・400m水泳 ・800mスノーケルスイム ・15分立ち泳ぎ ・100mダイバー曳行
・器材交換 ・24スキル ・ダイバーフルレスキュー

5.必要条件トレーニング実習 海洋1日
・水中地図作成   ・セッティングと管理  ・ブリーフィング

6.ダイブマスターが実施するプログラムのワークショップ 海洋1日・プール1日
・限定水域のスクーバリビュー  ・スキンダイバーコースの監督
・限定水域のDSD  ・DSD追加のオープンウォーターダイブ
・オープンウォーターでのディスカバーローカルダイビング

7.実践評価(インターンシップ) プール1日・海洋2日
(1)オープンウォーターダイバーコースのプール講習
(2)オープンウォーターダイバーコースの海洋実習
(3)継続教育コースの海洋実習
(4)認定ダイバーの監督

コース料金:52,000円
Eラーニング受講料:$245

(別途 海洋実習費・プール使用料・教材費・登録申請料)

詳しくはお問い合わせください。