CILとちぎとは

 どんなに重度の障害があっても、人間として自分らしく地域の中で自分の障害に誇りを持って自由に地域社会の中で生きていくために、自立生活センターとちぎでは、相談を受けたり情報提供をしています。 宇都宮市を拠点に栃木県全般に活動をしていこうと考えています。
 自己選択、自己決定をするためには、障害者自らが強くなっていかなければなりません。そのために勉強会、ピア・カウンセリングをやっています。自分がどこでどのように生きていくか、をサポートしていくための活動拠点です。

 

 

主な活動

自立生活プログラム

  地域で生活するために知っておく必要のある、福祉制度、金銭管理、家事、住宅改修、介助者の利用、外出の仕方、自分の障害について等を学ぶ全10回の長期講座、テーマごとの単発講座を行っています。
ピア・カウンセリング
  障害者同士が対等な立場で話を聞き合い、自分を見つめ直し、自分に自信を持ち、自立のための力をつけることにもなるピア・カウンセリングを、合宿形式で行う集中講座、一般の人にも知ってもらうための公開講座等を開催しています。
勉強会・講演会
  防災について、差別について、障害者の地域生活についてなどの勉強会、講演会を行っています。
各種行事・イベント
  バーベキュー、クリスマス会、食事会等を行い仲間と親睦を図っています。
相談支援
  障害者や障害児、その家族などが直面する問題や、障害者の希望する暮らしを実現するための様々な相談に応じ、必要な情報の提供やアドバイス、障害福祉サービスの利用支援などを行っています。
 
   

 

 

特定非営利活動法人 自立生活センターとちぎ

〒321-0923
栃木県宇都宮市下栗町2947-8 イースタンピュア103
TEL / FAX
028-638-2538
E-mail
ciltochigi@silver.plala.or.jp