ランチェスター法則応用の経営戦略

弱者必勝の経営戦略で地域NO1になろう!!
 本気の社長を応援します!!          ベイシス経営労務事務所
TEL:06-6241-1774  
トップ いつでもお気軽にお問い合わせ下さい

戦略社長塾

個別支援

営業強化
 営 業 塾
 新規開拓塾

創業者支援

セミナー予定
 セミナー

お問い合わせ
リンク集
事務所概要



お勧めの本です。是非ともご覧下さい。
   ↓
ランチェスター弱者必勝の戦略―強者に勝つ15の原則    サンマーク文庫



ランチェスター法則のすごさ―今よみがえる必勝の戦略    中経出版



ベイシス経営労務事務所のホームページに
お越しくださいまして誠に有難うございます。

URLを変更いたしましたので、
下記のアドレスをクリックしてください。
http://www.lanche-osaka.com/



5月、6月分戦略社長塾【原則編】
【商品対策】【時間戦略】【地域戦略】
受付中




会社の業績は社長の実力で決まる!!!
社員の失敗は社長の努力でカバーできるが、
社長の失敗は社員の努力ではカバーできない!!

倒産間近の会社でも社長が交代したことで業績が急回復している事例を私達は新聞や書籍で数多く見ることができます。
何百人、何千人の従業員は代わらず、たった一人の社長もしくは数人の経営陣が代わっただけなのです。
もちろん同じ事はニュースや本に取り上げられない中小企業にも当てはまります。

このことでランチェスター経営の竹田先生は著書の中で以下の様に記されています。
「社長は会社が進む方向の決定はもちろんのこと、会社内部の価値基準となる、立法権、警察権、裁判権をすべて一人で占有している。これは総理大臣よりもはるかに強い権限になる。そのために社長の実力が会社の業績に及ぼす影響力は特別に大きいのである」

つまり、
会社の業績は社長次第なのです。

社長が
本気で会社を良くしようと決断し、正しい行動を起こせば必ず業績はあがります!!

竹田ビジネスモデル

業績を良くしようと一生懸命ビジネス書を読んだり、セミナーに出席して経営の研究を行っているのに、思うようにいっていないという事はありませんか。
その原因は
経営の全体構造が整理されていないからかも知れません。  
強者の戦略と弱者の戦略

経営のやり方には全く違った2種類の方法があります。一つ目は一定の条件を満たした1位の会社のみが使えるやり方でこれを「強者の戦略」と呼んでいます。二つ目は1位以外の会社が使うべきやり方でこれを「弱者の戦略」と呼んでいます

これから事業を始めようと考えておられる方へ

なぜ、創業しようとお考えになられたのでしょうか?
・素晴らしい事業モデルを考えたから
・社会のためになる商品を開発したから広めたい
・一度の人生、自分の好きな様にしてみたいから
・今の会社が自分に合わないから
・友人に成功した人がいて、刺激されたから・・・
色々な理由がおありだと思います。
創業するということは新しい生活の始まりですので刺激的で夢あふれる楽しい事ではないかと個人的には思っております。
しかし、今から市場に参入するということは基本的には番外弱者になります。

私は平成11年頃より創業の助成金に80社ほど携わってきましたが、そのうちのおよそ3分の1の会社が、、、        続きを読む

最初に打つ手を間違えると・・・

友人より、ある会社の助成金支給申請の件で相談に乗って欲しいのだが、という連絡を受けその会社の方とお会いいたしました。
求められていた助成金の支給申請に関しては特に問題はなく、用意すべき書類や行政の対応についての確認だけで終わりました。時間にして10分もかかりませんでした。
ただ、そこから2時間程の話し合い(?)へと発展しました。。。
そこの会社は創業時から
強者の戦略で、、、       続きを読む
   

 ベイシス経営労務事務所
 大阪市中央区久太郎町3-1-15 ユーアイビル10階
Tel:06-6241-1774 Fax:06-6241-1775
E-mail:basis@hear.to