剣魔竜神  -第五章- 夜明け
-第六章- へ・・・

□「最近見かけない奴が増えたな。」

■「噂では地上の門とやらが開いたらしい。」
□「門か。俺はそんなもの見たことは無いが・・・。」

・・・確かに私も見たことが無い。どうでもいいか。
■「多分誰にも見えないのだろう。」

□「他国民が増えると厳しい時代になりそうだな。」
■「ある意味、いつもとは違う戦闘が楽しめるかもね。」

□「うかうかはしていられない・・・鍛えなおすか。」
■「そういえば、闘技場の噂はどうなってる?コロシアムとかコロッセオ・・とか・・」

□「調べているが、見つからん。どこら辺にあるのも不明だ。」

・・・そんなものは存在しないのか。
■「まぁ、そのうち見つかるだろう。」
・・・
■「・・・きれいな朝日だ。」

□「夜明けを感じるな。本物の。」
■「ああ。」

新しい時代の到来に期待している自分がそこにいた。
そして誓った。新時代はこの手で築こうと。

 
剣魔竜神 The Endless Short Novel
 
剣魔竜神 The Endless Battle URL
【メイン】
【トップページ】
http://cgi32.plala.or.jp/aden/
http://www11.plala.or.jp/aden/