剣魔竜神  -第二章- 伝説を求め彷徨う
-第三章- へ・・・
□「新しい武器はできたのか?」

■「なんだ君か・・・」
□「そっけない返事だな。」
彼とは何の因果か、あれ以来の付き合いだ。同じ国家にいるときもあるが、お互いを干渉しているわけではない。

■「ああ、合成ならできたよ。ほら。」
□「で、どうだ?切れ味は?」
■「まぁまぁかな。」
・・・
しかし私はこの剣に満足してはいなかった。初めての合成は心の底からうれしかったが、もうそれは過去のことだ。先へは進んでいるのだろうか、伝説には近づいているのだろうか・・・ あの「エレボスの書」はまだ私には答えてくれない。解読はおろか、文字すら見えない。

■「まぁいいさ。自力で掴んでやる。伝・・」
□「ん? なんか言ったか、今?」
・・・・・・
■「さて、本気で国でも作るか。」
□「じゃあ俺に部隊を任せてくれ。力になるぞ。」

ふっ、素直にうれしい。師匠兼、悪友の関係は当分続きそうだ・・
私は国を創りながら、伝説を求め歩みはじめた。

 
剣魔竜神 The Endless Short Novel
 
剣魔竜神 The Endless Battle URL
【メイン】
【トップページ】
http://cgi32.plala.or.jp/aden/
http://www11.plala.or.jp/aden/