BeatSonic
BeatSonicとはシート下にバイブレーション機能のある左のようなパーツを埋め込みSWの振動に合わせて直接体に振動を伝える機器です。詳しくはここ

正直言うとこのようなパーツは頭から馬鹿にしていました。ところがあるお客様が家電量販店のボディーソニックに椅子に座ってホームシアターを体感したところ、その迫力リアル感に感動したことからそのお客様が装着第一号になりました。写真のセットは運転席と助手席の座面と背面の計4個です。

コントローラーは4つのユニットそれぞれ独立していて、サブウーファーの配線に噛ませるので振動させる周波数帯域を選ぶことが出来ます。帯域を広く取ればほぼ常時振動するし帯域を狭くすれば特定帯域に信号が入ったときのみ振動します。
シートの座面にはスプリングに挟み込むようにして装着し、背面はシートをいったんばらして装着します。このシステムは音質系の車には合いませんシアターカーではかなりの迫力になります。人間の心理として背後からの低音には恐怖を感じることが多いらしく、映画館では劇場の後方から低い音を出すそうです。
このBeatSonicを体感すると、人間の体は耳からだけで音を感じているのではなく体や骨格からも音を感じていると言うことがよく分かります。また怖い映画でびっくりさせるシーンの時にシートバックからの振動が来ると本当にびっくりします!(笑)
欠点があるとすれば、常時振動させると非常に疲れてしまうと言うことと、SWのスピーカーラインに噛ませるためインピーダンスが下がるのではないかと言うことくらいです。
助手席に彼女を乗せて振動させると・・・あ、いや、この話題は危ない危ない! 当店シアターデモカーのワゴンRにも装着するので是非体感しに来て下さい。カーシアターの楽しさが倍増すること請け合いです。