第1章 ポケモンフェスタ
〜その2〜


11時30分頃になり、私が会う予定だったつーさん(つーくさんではないです)が会場に到着したとのこと。
ひとまず2しゃんたちと別れて彼を探しました。
ちと時間はかかったものの、ようやく会えました!
こちらも1年ぶりの再会です。
涙の対面ではなかったですけどね
で、再び2しゃんたちのところに行くと、既にパッチンの大会に出場するために列に並んでいました。
ここで、2しゃんが言うには、さっきM.Sさんが来手、今は会場内をうろうろしているとのこと。
彼は10日前に熱を出してしまい、ここに来ることは絶望的かと思われていたのですが、無事来ることができたようです。
しばらく待っていると、それらしき人物が来たのですが・・・
やっぱ初めての人には声はかけづらいものです。
2しゃんとのやりとりでようやく彼がM.Sさんであることがわかりました!
てことで、私、つーさん、M.Sさんの3人は、話をしながら会場内をまわることに。
立ちっぱなしで足が痛くなっちゃいましたけど・・・ま、これもありですね。
40分くらい後、パッチンコーナーへ行くと、なんと、4歳の子が試合に勝っていました。
あの子は天才少年に間違いない!(は
2しゃんたちもようやく試合を終え、2しゃんが勝ったようです。
インタビューを受け、写真撮られてました。
自分も記念に写真撮りました(ゑ

その後、そろそろ1時になるということで、うちら3人は会場を後にすることにしました。
M.Sさんはこれから美術館へ行くということでうちらと別れました。
そして2人で昼食をとるために、横浜駅へと向かいました。

←前  ものおきへ  次→