プロフィール掲載メディア紹介
Access MapTOP
ペイン(Pain)とは痛みを意味しますので、ペインクリニックとは痛みの診療所(外来)という意味になります。従来痛みの治療といえば痛み止めを内服するか、手術を受けるしかなかった訳ですが、麻酔の技術を応用して神経ブロック療法という治療法が確立されてきました。ペインクリニックではこの神経ブロック療法を中心に、西洋薬や理学療法も取り入れ各種の痛みの治療を行っています。更に当院では漢方治療を積極的に取り入れてそれぞれの患者さんに合った治療法を一緒に考えて組み立てていきたいと考えています。
私は麻酔学会の指導医を昭和60年に取得致しましたが、更に日本ペインクリニック学会および日本東洋医学会においても専門医・認定医制度の第1回目(1990年)から認定を受けております。

どのような病気を専門に診察しているか
基本的には手術が適応とならない各種の痛みの疾患(と一部痛みを伴わない病気)を専門に治療を行っています。具体的には下記のような病気となります。

慢性頭痛(片頭痛・緊張性頭痛など)
三叉神経痛(顔面痛)
頸肩部痛(肩こり、五十肩など)や手のしびれ
腰痛(骨粗鬆症、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰など)
神経痛(肋間神経痛、座骨神経痛など)
帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛
慢性関節リウマチ、変形性関節症
閉塞性動脈硬化症などの血行障害
冷え性、花粉症、顔面神経麻痺などの痛みを伴わない病気


手術が必要ないしは良い適応と考えられる場合には、専門医を御紹介させて頂きます。お気軽に御相談下さい。

最後に<全国の麻酔科が足りない>という報道が大きくなされたばかりですので麻酔科の仕事とはどんなものか簡単に説明させて頂きます。
麻酔科は手術中の患者さんが安全であるように、呼吸管理・循環管理・体液バランス管理などを中心に全身管理を担当しております。時にはショックの治療や蘇生も行います(そのため麻酔科を標榜するには医師国家試験合格後、更に専門に研修した後、厚生労働省の許可が必要になります)。麻酔科指導医には高血圧など循環に関わる御 相談もどうぞ。