本文へスキップ

縹式自然呼吸法普及センターは、意識して正しい呼吸をする、呼吸の大切さを知る、実践する、役に立てることを目的に活動を続けていますす。

TEL. 045-374-4221

横浜市港南区:市営地下鉄・上永谷駅(徒歩12分)

縹式呼吸法の本が出版されましたBOOK PUBLISHED

新刊

「体質改善には3つの呼吸を覚えなさい」
  -いつでも・どこでも・だれでも・かんたん-
   税込1,404円 /三五館
  お近くの書店でお買い求めください。


創始者 大野君子  医学博士 山本晴義 監修




本の概要

この本には、縹式自然呼吸法®の全てが収められています。
○○○○○○○○イメージ◇基本は「3つの呼吸」
 ◎基礎呼吸(腹式呼吸)
 ◎筋弛緩呼吸®
 ◎整えの呼吸®
◇呼吸法でストレスをリセット
◇図解でマスター・実践編
 「15の運動」
◇体験手記





                         
                         

監修の言葉
「呼吸」が、生きる幸せと人間の誇りをもたらす

私は心身医学の専門家として、人間が最も大事にすべきなのは、
「Only One Life」
――だれもが一度しか持てない生命(人生・生活)をいかに全うし、充実させていくかだと考えています。いくつになっても、生きていることの幸せを感じ、誇りを持った毎日を過ごさなければ、人間らしい生活とは言えません。そのためには個々人が精一杯努力して、自分自身で健康を守り、病気を遠ざける工夫をしなければなりません。
いま日本人は「平均寿命」こそ世界一ですが、私はその内実に大きな疑問を感じています。というのは、本来、人間の〝寿命〟とは、自立して長生きできる「健康寿命」であるべきで、病院のベッドの上で過ごす余生は、とてもまともな〝寿命〟とは言えないのではないでしょうか……。
そう考えていたとき、私は大野君子氏の「
(はなだ)式自然呼吸法」に出会いました。本書で詳しく述べられるとおり、「縹式」は大野氏が心と身体の大きな病を患った体験から、健康の大切さを身をもって知り、その苦しさを克服するために創始した呼吸法です。それは自身の健康回復にとどまらず、普及活動の過程で体験した多くの方々に心身不調の克服と、健康増進に大きな効果をもたらしました。
その実例と効果を知って、私もさっそく〝入門〟し、この呼吸法の〝すごさ〟を身をもって体得しました。そして弟子として、また医師の立場として大野氏を助け、「縹式」のメソッド完成のお手伝いをさせてもらいました。
人が生きるということは「呼吸をすること」です。心身を根本から整えるには、呼吸が一番大切です。呼吸を高めれば、肺に充分、酸素を送り込むことができ、体内に停滞しがちな老廃物もよく排せつできるようになります。血液が浄化され、新陳代謝が活発になり、細胞が元気になっていきます。
「縹式」は呼吸を意識的に行なうと同時に、運動することを基本にしています。時間はおよそ一五分。それが心に素早く影響与え、身体にじっくり効いてくるのです。これまで普段、無意識にしていた呼吸を、いまからすぐ、意識して変えてみてください。

  2015年 新緑の候  医学博士 山本 晴義


著者の言葉
ひとりでも、多くの人々に
健康にくらしていただきたい
それがわたしの願いです。


「縹式」は、最初の考案者こそ私ですが、その後、多くの人の協力をいただきながら発展していったもので、いわば愛好者の“知恵の結晶”が「縹式」なのです。本書にはそんな知恵を余すことなく披露したつもりです。

 縹式自然呼吸法創始者
  NPO法人 縹式自然呼吸法普及センター理事
大野 君子


「縹式」の「(はなだ)」とは

「縹」とは、平安の昔から庶民が普段着として愛用してきた着物の代表的な色で、大空の色であり、自然を象徴する色です。
「縹」の名前は、私の母が着物について教え始めたときに、染色の大家である浦野理一先生に命名していただいたもので、それを私が受け継いで「縹きもの職業訓練校(後の「縹きもの総合技術校」)に育てました。
そして呼吸法を開発するにあたり、「大空に包まれるように自然にできる方法」にしたいと願って、この名前を引き継ぐことにしました。



バナースペース

お知らせ

かながわ県民サポートセンターにて月1回体験会を行なっています。
お問合せは下記電話・FAX・E-mailにお願いします。
県民サポートセンターへ直接お問合せはご遠慮下さい。

縹式自然呼吸法普及センター

TEL 045-374-4221
FAX 045-844-4453
E-mail npokokyu@wmail.plala.or.jp