疑問点があれば
お気軽に
上のメールボタンで、
ご質問ください。


原材料について。

○原材料のポリシー
フィールドゲインズ ウルトラプレミアム ドッグフードは、
犬にとって良いものを、各材料ごとに吟味し、選んでいます。
たとえば、牛肉は、高価な霜降り牛よりも、脂の少ない子牛肉のほうが適していますし、麦は、小麦よりもグルテンの少ない大麦を使用しています。
つまり、良い材料=高級な食材 には、ならないのです。
逆に、米は、ビタミンEが豊富な国産のもの、鶏肉もリンが少なく、低脂肪な兵庫県産ひね鶏の国産品を使っています。
高価になっても、良いものは良いからです。
コプラフレークのように、国内に無いものもあります。
出来るだけ、国産のものから選びますが、国産より品質が良い場合は、その限りではありません。
つまり、犬にとってより良いものであれば、世界中どこからでも、一番適した材料がほしいのです。
ただし、同じものであれば、品質管理のリスクを考えて、出来るだけ国産で仕入れるよう心がけています。


○原材料は、食品か飼料か?

原材料は、人が食べても、犬が食べても安全な物でなければなりません。
ただ、出来るだけ安く製造し、安く販売したいのも事実です。
*人用のものでなければ、安全性が確保できない場合、高価でもそれを使用します。
牛内臓肉、鶏、魚、魚粉、米粉、油脂類、さつまいもなどです。
*飼料グレードのほうが、犬にとって良いものもあります。
それぞれに理由があるのですが、大麦、ごまなどです。
*飼料でしか手に入らない物もあります。
コーングルテンミール、コプラフレーク、乾燥おからなどです。
*牛の赤身肉は、人用でも飼料用でもありません。
人用は、各都道府県営の食肉センターで解体され食肉になります。
この場合、と殺時、気絶させた状態で、血管を切り血液を抜くそうです。
そうすることで、臭みの無い食肉になります。
しかし、犬のためには、血抜きをしていない肉のほうが、栄養価も高く、嗜好性も良いのです。
提携畜産農家から直接買い受けています。
解体は、上記理由で、食肉センターでは行いませんので、人用ではありません。


○主原材料の説明
お客様より、質問や疑問が多いものから、ご説明させていただきます。

コーングルテンミール
少量添加することで、全体のアミノ酸バランスを整え、また、消化吸収を助けるため使用しています。
とうもろこしから、コーンスターチ作るときに出る副産物です。
コーンスターチは、でんぷんですので、残ったコーングルテンは、コーンのタンパク質が凝縮したものです。
コーンのタンパク質は、粘度が低く、他の穀物と比べて、犬にとって良質なタンパク質です。
粘度がなく味が悪いため、人用には、使われません。
コーンスターチの分離方法は、遠心分離ですので、安全性に問題はありません。
高価ですし、使いすぎるとアレルギーの問題がありますので、少量(1〜3%程度)使っています。


大麦
遺伝子組み換えのものは、使いません。
麦には、いろいろな種類があります。
麦のタンパク質(グルテン)は、粘度が高くそれを、利用して、うどんなどの麺類が作られるのですが、犬には、あまり良くありません。
分析結果で言うと、蛋白量平均値は、
オーツ麦  13.7%、
小麦     11.4%、
大麦      6.2%
又、リンの値も、一番低いため、大麦を採用しています。
カナダ産を使っています。
グルテン量が低いものを選んで使っています。


玄米粉
ひとつは、日本酒製造時、米の大部分を精米して真ん中の半分から、3分の1しか使いませんので、その外の部分を買っています。
もうひとつは、粉米(こごめ)といって、精米時に、割れてしまった米も仕入れて、製粉して使っています。
米には、ビタミンEが多く含まれます。
ビタミンEは、国産米にしか含まれませんので、輸入米は使用しません。
兵庫県には、灘ノ酒蔵があるため、ほとんどは、兵庫県産山田錦です。
酒米は、見かけにとらわれる必要が無いので、低農薬で生産されていることもあり、採用しています。

牛肉
現在、2つのルートで仕入れしています。
ひとつは、兵庫県産です。
和牛の肺や気管、食道、咽頭、脾臓、胃等です。
和牛の正肉は、コストもありますが、脂が多すぎて使えません。
もうひとつは、北海道産です。
乳牛の子牛のもも肉を使っています。
脂分が、1.7%と非常に低いため、採用しています。


鶏肉
兵庫県産のひね鶏を使っています。

馬肉
カナダ産または、アルゼンチン産のモモ肉を使っています。

魚肉
毎日、神戸中央卸売市場で買っています。
たらを主に、青背の魚を混ぜて使います。
アミノ酸、脂肪酸のバランスを整えるためです。
嗜好性も、おおきく左右されますので、妥協できない材料です。


魚粉
ひとつは、煮干を粉砕したものです。
主には、長崎産のものです。
吸収の良いカルシウムを多く含みます。
もうひとつは、北海道産こまいの干物を粉砕したものです。
煮干とは対照的に、良質なタンパク質を供給します。


コプラフレーク
フィリピン産のもので、国内の大手メーカーの物です。
やし油の絞りかすで、ミネラルバランスが良いこともありますが、
通常のビタミンE(トコフェロール)の50倍の抗酸化力をもつ、
スーパービタミンE(δトコトリエノール)を含むため、
体内での抗酸化作用が期待されます。
また、独特の香りで、嗜好性が上がります。


さつまいも
兵庫県内の農家で栽培してもらっています。
通常市販されない、甘みの少ないものを作っています。
収穫は、秋ですので、12月くらいまでしか持ちませんので、
1月〜7月は、茹でた後冷凍保存したものを使います。


ひまわり油・ゴマ油・キャノーラ油
国産大手メーカーのもので、もちろん食用のものです。


ごま
生のゴマをゴマペーストにして使っています。
セサミンの抗酸化力も期待できます。

ライン