錬金術師ゲンドウ


 第9話「ヴァンパイア・ハンター」



 商店街の一角にある、冬月コウゾウの古書店の営業時間は、朝10時から夜
の7時までである。14年前に開業してから、定休日の月曜日を除く毎日、休
むことなく営業している。店主としてのコウゾウはいつも居眠りしてばかり、
売り上げもたいしたことはない。それでも、彼は商売を止めない。儲からなく
てもいいのだ。雨露がしのげれば、今日のねぐらを探すために町から町へわた
り歩くのに比べれば、この生活は天国といっていい。
 が、しかし、今日の彼は、地獄のような喉の乾きに苦しめられていた。
 閉店間際、彼は定期的に店を訪れる若い女性が来なかった事に落胆していた。
  もう来るな、といいながら、この乾きを癒してくれるあの女性をあてにして
いる自分が情けなかった。

 のろのろとシャッターを下ろした。鍵をかけた。冬月は、古書店の奥にある
6畳ほどの和室に置いてあるタンスから古ぼけたコートを出してきて、それを
羽織った。
 外へ出て気を紛らわせよう、そう思った。裏道から、夜の町に出た。暖かい
夜だった。コートは要らなかったかもしれない。しかし、彼はさもしげな自分
の顔を隠すために襟を立てた。

 大通りには大勢の男女が歩いている。若い者、年老いたもの、男、女。むせ
返るような人いきれ。冬月は歩いた。通り過ぎる人の表情に一瞥をくれながら。
みなそれぞれの悩み、それぞれの喜びを抱いているのだった。そして俺は一人、
まるで生クリームの山の中にだだ一匹見つかったアリのように、食い物の山の
中で腹を空かせて歩き回っているのだ。

 彼は、夜の公園を横切る。カップルだらけだった。彼らは睦み合い契りあい、
子孫を残す。彼らを創りたもうたものの言いつけを忠実に守っているのだ。産
めよ増やせよ、地に満ちよ。海の魚、空の鳥、地の草、獣、これらは皆、彼ら
の糧なのだ。
 …そして、俺の糧は彼らなのだ、コウゾウは自嘲した。

 気がつくと、あの、伊吹マヤの勤め先の近くに来ていた。彼は自分を呪った。
この恥知らず!この恥知らず!
 彼は、マヤの白く美しい裸身を思い出した。性欲など感じない。そのような
衝動は、30年以上前に枯れ果てていた。あるのは食欲。焼けつくような喉の
渇き。彼は彼女の脇の下の動脈に、目立たぬように口を付ける。
 いったい誰が、『処女の生き血』などという迷信を、マヤに吹き込んだのだ
ろうか。コウゾウは思った。この女性は、それを忠実に守っているのだった。
このあいだ、恋人がいると言った。マヤのような、優しく美しい女性を恋人に
得て、君は幸運なのだろうか、不運なのだろうか。君はマヤが私と同じ『刻印』
を持っている事を知っても、なお彼女を愛し続ける事が出来るだろうか。

 コウゾウはあわてて、その場を離れる。もうマヤに頼るわけにはいかない。
彼女は彼女の幸せを掴むべきなのだ。また、この町を離れようか、コウゾウは
思った。そしてどこか別の町で、誰かを不幸にするのか。

 冬月コウゾウが生まれたのは、1905年、明治38年の事である。したが
って、『悪魔』との『契約』によって、ハリー彗星が訪れた時には5歳だった
ことになる。
 彼は、その人類史上最大の事件から、おおかた100年以上経った今でも、
その時の事をありありと思い出せる。
 彼の家族は当時、淡路島南部の漁村に住んでいた。日本でも『来訪』の事は
知れ渡っており、彗星の尾が地球を包み込む時刻に、日本の町々で子供たちが
土蔵や、奥座敷に隠された。彗星の尾に、人間を悪魔に変えてしまう有毒ガス
が含まれているというデマが流れ、桶に水を張り、息を止める練習すら行われ
た地方すらあるくらいだから、その程度は当たり前の事であった。

 幼児だった彼もまた、5人の兄弟姉妹とともに、よしと言うまでここにいろ、
と親に言われて村の集会所に閉じこめられた。子供たち、それも『悪魔』など
というキリスト教的なものなぞにまったく馴染みのない日本の、田舎の子供た
ちにとって、それは、なんだかわくわくするような面白いお祭りとしか思えな
かった。
 日本の親たちにしても、パニック、暴動、ポグロム(ユダヤ人への暴力行為)
の嵐が吹き荒れた欧米と違って、どこか本気になれなかったのは同じであった。
彼らの多くは普通通り、通勤し、野良仕事にせいを出していたのだ。
 どのみち、どこにいようが同じだった。どこに隠れていようが、働いていよ
うが、「悪魔の兄弟」として、罪もない無抵抗の、ユダヤ人の商店主を殴りつ
けていようが、同じだった。
 人類は、人類の遺伝子は、変質し、もとには戻らなかった。いや訂正しよう。
人類は、人類の創造の本来の目的に沿って、本来あるべき姿に戻ったと言うべ
きだ。
 コウゾウは、その時に感じた感覚を今でも思い出せる。世界の色が変わって
いく感じ。光が妙にまぶしく感じられるようになり、身体の奥底から、暗い奔
流のような衝動があふれ出る感じを。
 彼は6歳にして、妹の血を吸っているところを発見され、両親に捨てられた。

 あれから長い時間が流れたな、コウゾウは思った。いまのコウゾウには、両
親を恨む気持ちは、これっぽっちも残っていなかった。いまはもう、泣き叫ぶ
彼を小さな今にも沈みそうな小舟に乗せて沖へ沖へと曳いて行った時の父と母
の暗い顔ではなく、優しく彼をあやしてくれる顔ばかり浮かんでくるのだった。

 コウゾウは、ゆうに100歳を越えていたが、身体の方はいっこうに老いる
気配がなかった。彼は日常、大変な努力をして初老の男のふりをしていた。黒
々とした髪を脱色し、白髪に見せかけた。二本の犬歯を残してすべての歯を抜
き、入れ歯にした。リューマチで足が悪いことにして、ゆっくりと引きずるよ
うにして歩く練習をした。
 そしていま、彼はそのようにして、夜の町を徘徊している。空には糸のよう
な細い月がかかり、どこかで犬の遠吠えがする町を、道行く人の誰かれかまわ
ず捕まえて、首筋の動脈に牙を突き立てたいという衝動をこらえながら。

 彼は、まるで蛾が電灯に引き寄せられるように、町の中でもとりわけ明るい、
とりわけ清潔な場所、ハンバーガー・ショップの前に立っていた。中に入る。
若い娘の店員が、お客様ご注文は、とほほえみかけてくれる。
 君の血を少し。コウゾウは思った。
「コーヒーを」冬月は言った。
「お二階でお召し上がりでしょうか」
「ああ」
 紙コップ一つのトレイを持って、2階の座席へ。通りを歩く人々がよく見え
る窓際の席に座る。コーヒーなどでは俺の渇きは癒せないのだ。コウゾウはけ
れどコーヒーに口をつける。とたんに気分が悪くなる。まるでニンニクを噛み
しめたような思いがする。両手で顔を押さえた。
「…あの、どうかなさいましたか?」
 気がつくと、若い女性の店員が、彼を心配そうにのぞき込んでいる。冬月は
充血し、赤くなった目を見られまいと、彼女の目をそらす。きれいで、清潔そ
うな喉元だった。マヤのようだ。
「いや、なんでもないんです。ちょっと花粉症がひどくてね」彼は言った。
 店員は心配そうな視線を彼に投げかけながら、去った。
 コウゾウは、その後ろ姿、ポニーテイルにした娘のうなじを見つめていた。
 なんでもないんだ、君がほんの少し、自分の血を分けてさえくれれば。
 再び顔を押さえた。心の中で誰かが彼を、こう、ののしっている。
 このケダモノめ!
 このケダモノめ!

 冬月はひとけのない鉄道の高架下を歩いている。足音がコツコツと響いてい
た。誰かが見ていた。誰かが彼を見ている。コウゾウにはわかった。むき出し
のコンクリートの暗い影の中に、誰か立って彼を見ていた。
 コウゾウは目を凝らす。普通の人間の何倍も光に敏感な目が、彼らの腕時計
やアクセサリの反射をとらえた。彼らは4人。

「よお、おじいちゃんよ、お金貸してくれよ」一番大柄な、毛糸の帽子をかぶ
った少年が言った。冬月は立ち止まり、その少年の鈍い目を見据える。その間
に、残りの3人の少年は、彼を取り囲んでいた。
「残念ながら、金はあまり持っていないよ」冬月はとぼけたように言う。
 その口調にリーダー格の少年は怒り出す。「おい、なにふざけてるんだよ、
ケガすんぞぉ」少年は冬月の目の前に立ち、すごんでみせる。
 普段の冬月ならば、こんな時、すぐさま財布を出し、気弱な老人のふりをし
ただろう。しかし、その日の彼は、喉の乾きに、いらいらしていた。
 突然、冬月は、少年の目の前に右手の人差し指を突き立てて見せた。
「…あんだぁ?…一万で勘弁してくれってか…?」
「違うよ、ぼうや。君はこいつで倒されるんだ」
「なにを」と少年は言いかけて、うっと胸を押さえてうずくまる。まわりの少
年たちは何が起こったのか、さっぱりわからなかった。目に見えないほどの速
さで、冬月の指が少年のみぞおちを衝いたのだ。
「…い、いき、ができねえ…こ、コノヤロ」うずくまった少年がかすれた声で
言った。かちん、かちん。お馴染みの飛び出しナイフの音が、まわりで響いた。
 冬月は、コートをひるがえしながら、ナイフを持つ少年たちの間合の中に飛
び込んで、急所を指で突いて回った。まるで、バレエのような、優雅な無駄の
ない動きだった。
 4人の少年がのたうち回っている。若いな、こいつらは。コウゾウは思う。
まさに血の気が多い連中だ。
 その血を、ほんの少しだけ、それこそ一回の献血の半分でいい、分けてもら
っても、かまわないのではないだろうか?
 コウゾウは、若者たちの首筋を凝視していた。

 むかし、葛城教授は言っていた。『普通の人間でも、まれに血を吸われても
遺伝子の変質を起こさないものがいるんだ』。この子たちは、そうかもしれな
い。俺のようにならずに済むかもしれない。
 冬月は、彼らを見下ろしている。

「そこまでよ!この、ケダモノ!」背後で誰かが叫んだ。
 冬月は、振り返った。その時ちょうど、最終の急行列車が、陸橋の上を通り、
まばゆい光を投げかける。その声の主は、逆光のなかで、シルエットになって
いた。
 女だった。成熟した、スタイルのいい女。黒いズボンの上に、ぶかぶかの大
きな軍用コートを羽織っている。女は背中に手を回し、長い銃のような物をコ
ートの中から取り出した。

 あいつは俺の心の中から来たんだ。コウゾウはそんな非現実的な思いに囚わ
れた。あいつは俺を裁くために、俺の心の中からやってきたんだ。
 女は銃を構えて、ゆっくりと彼に近づいてくる。ほぼ、5メートルほどの距
離に女は立つ。
「君は…誰だ?」冬月は、ようやく見えるようになった女の顔に見覚えがない。
「わたしは、あんたをこの世から消し去りに来たのよ、『ヴァンパイア』」女
は腰の重心を落とし、銃を構えた。
「地獄に堕ちろ!」女は、グレネード(手榴弾)を発射した。それは紫色の煙
を噴きだしながら、その初老の男の腹に当たった。ばすっ。黄色い大量の煙が
上がった。避けなかったのは、普通の手榴弾だと思ってなめてたんだわ、女は
思った。
 冬月コウゾウは猛烈な不快感に襲われた。毒ガスだ。それも俺のような体質
の者にしか効かない毒ガスだ。赤い斑点が皮膚の表面にさーっと広がっていく。

「ああああああ」冬月は走り出した。何十年ものあいだ、普通の人間の中で身
を隠していたために、変身が起きる前に、衝動的に逃げ出したのだ。
 女は追いかけた。
 冬月は顔を押さえながら、走り続けた。あの女は『知っている』、冬月は思
った。俺が何であり、どのような生理を持ち、何を弱点としているかを。
 しかし、大勢の人前で、醜悪な姿を晒して死にたくなかった。彼は、もっと、
もっと、ひとけのない場所に向かって走っていた。

 こんな異常な事件が起きているというのに、ひとけのない河川敷の公園で、
その少年と少女は、のんびりと魔法の練習をしていた。人目には、どう見ても
冗談としか思えなかった。
 少年は地面から1メートル足らずの空中に仰向けになって、ぷかぷか浮いて
いるのだった。少女はそんな状態の少年を面白そうにつっついている。
「よ、よせよ!…人が降りられないと思ったら!」シンジは叫んだ。
「あははははは」アスカは、シンジの頭を人差し指ですっと押す。するとシン
ジの身体は風船のようにふわふわと前に進む。シンジは、空中でジタバタする。
「止めろよ!」
「あはははははは」アスカは、今度はシンジの肩のあたりを押してみる。する
とシンジは腹を中心にくるくるとまわり始める。
「いいかげんにしろよ、ひとをなんだと思ってるんだ」
「ははははは。自分のかけた魔法を、解除できた試しがない魔法使いの卵だと
思ってるわ。あんたも、いい加減にこの程度のコントロール、出来たらどうな
の?」
「し、しかたないだろ!出来ないものは出来ないんだ」
「じゃあ、出来るまで浮いてなさい」アスカは今度は、掌に力を入れて押して
みる。公園の記念樹に向かってシンジはすーっと滑るように進んでいく。
「ほら、いま魔法を解除しないと、木にぶつかるわよ」
 ごん。
「いてっ、いててててて」
「ばーか」

 伊吹マヤは、古書店の前に立ち、シャッターを軽く叩いている。応答は無い。
どこに行ったのだろうか?マヤは心配になる。もう、そろそろ渇きも限界だろ
うに。
 彼女は、時計を見る。夜8時半。まだ早い。あの人にとっては、夜はこれか
らである。朝の5時頃まで起きていて、明け方から眠り、書店の開店時間の前
に起きるのだと聞いたことがある。
「どうして夜警とか、夜の仕事をされないんですか?」マヤはそう尋ねてみた
ことがある。
「もちろん、もう何十年も夜警の仕事をしたことがあるよ。若い頃からね。そ
れしかなかったからね。でも、し過ぎたんだ。私は、一度でいいから昼の世界
で生きてみたかった。いったいあと何年生きるかわからないが、死ぬまでに一
度だけ、昼間開いている商店の店主になりかたかったんだ」その時冬月はそう
答えた。

 マヤは裏口に回ってみようと思い、シャッターの前から離れた。その時、彼
女の肩に、誰かが手を置いた。マヤの身体に冷たい衝撃が走った。その大きな
暖かい手は…。
「…どうしたんだい?」振り返ると、案の定、眼鏡をかけた真面目そうな青年
が立っている。
「あ。…え?…あの、ちょっとここに用事があったんだけど。留守みたい」マ
ヤはぎこちなくほほえんだ。
「マコトさんの方こそどうしたの?」
「いや、商店街の入り口で、たまたま君を見かけたもんだから。ここの人と知
り合い?」
「ええ、あの、遠い親類にあたるの」マヤは言った。
「…そう」予想した通りの答えだった。前にこの町には、いやそもそも親類な
んかいないと言っていたくせに。
「あの、よかったら、どっか寄っていかないか?この人、お留守みたいだし」
マコトは言った。ゆっくりとマヤと話しがしたかったのだ。
 どうしよう?マヤは迷った。もしかしたら、単に用事で出かけているのかも
しれない。しかし、暗い衝動を押さえきれずに、夜の街を徘徊しているのかも
しれない。そして血を吸っているところを誰かに見つかり…。
 マヤは、日向マコトの顔を見上げた。優しい顔。私を信じている顔。あたし
たち、つきあいだしてから喧嘩もしたことなかった、マヤは思った。

「ええ、いいわ」マヤはマコトが怖かった。彼の優しい目がひたすら怖かった。

 二人の若い男女は、暖かい夜の街を歩き始めた。自然に腕を組んだ。青年は
心の中で繰り返していた。ぼくたちは恋人同士だよな、君はぼくのカノジョだ
よな。もちろん、そんなことを声に出して尋ねる事など出来なかった。
 公園にさしかかる。細い、不吉な三日月がまるで弓のようだ。マコトはマヤ
の肩を抱いた。
「あ…」マコトはマヤの唇を、自分の唇で塞いでいた。
 ゆっくりと、離れた。見つめ合った。
「君が、欲しい」マコトは静かに言った。


 女が走っていた。心臓が飛び出しそうだった。しかし、いまここで逃がすわ
けにはいかない!いま逃がしたら、もはや二度と私の前に姿を現す事はないだ
ろうと思った。奴を殺したあと死んでもいい。あいつを追いつめるまで、ほん
の少しでいい、私に走る力をちょうだい!
 あのケダモノは私の前を走っている。振り返った。顔が歪み始めている。変
身するのか?どんな形態になるのだ?立ち止まる。私を待っているようだ。私
を倒す自信があるのか?
 追いついた。もう少し!狙いを付けられる位置まで、もう少し。また、走り
始めた。なんて早いんだろう!悪夢のようだ。白髪頭の初老の男が、まるで1
00メートルランナーのように早い!
 川に向かっている!どうする気だ。私と対決するのか?私と。返り討ちにあ
わせるつもりなんだ。
 追いつけない!追いつけない!
 また、立ち止まった。振り返る。まるでコウモリのような顔になっている。
あれが『インヴォルブド・ピープル』というものなの?父さん、父さん、なぜ
あんな奴らを救おうとしたの?母さんを巻き添えにしてまで。
 また、走り出した。もう足がもたない!考える気力もない。
 街灯の明かりが赤い。昼間寝ている時に。いいえ。それではあのケダモノと
同じだわ!
 また、立ち止まった。こっちをみている。私を待っているの!?まさか。そ
んなことはあり得ない。
 ここは、どこ?川だ。大きくて広い川。いけない!泳いで逃げる気なんだ!

 マヤは、青年の顔を見上げる。真剣な顔。だめ、怖い顔、しないで。わたし
は怖い。あなたが怖い。あなたを失うのがこわい。
「だめ…」
「…ぼくの事をなんとも思っていないの?」思わずそう言ってしまって、マコ
トはひどく後悔した。

 河川敷の公園に降りていく。後を追う。何組かのカップルがその男の顔を見
て逃げていく。公園に残ったのは、子供だった。中学生ぐらいの男の子と女の
子。こんな時間に何をやってるの?なぜだか男の子がぷかぷか浮いている。
 あいつは立ち止まる。私に襲いかかる気だ。私はコートからアーマライトを
取り出す。
「あんたたち、逃げなさい!そいつは『吸血鬼』なのよ!」女は叫ぶ。

 言葉は虚空に放たれると取り戻す事が出来ない。
 二人は黙ってしまった。マコトはマヤの端正な横顔を見つめている。そんな
んじゃないんだ、マヤ。ぼくは君を愛しているんだ。ぼくは、君を離したくな
いんだ。
 突然、マヤの様子が変わってきたのに、マコトは気がついた。
「…だめ。その人を、殺しちゃだめ…!」
「へ?」マコトは思わずマヤの顔をのぞき込んだ。
 マヤは耳を押さえて、ぶるぶると震えている。
「だめーっ!」マヤは、だっ、と走り出した。
 夜の公園に、日向マコト一人残された。

「き、きゆーけつきぃ?吸血鬼って言ったの」シンジは空中でじたばたしなが
ら言った。
「そうみたいね」アスカは、シンジの頭に手をかけた。いざとなったら二人と
も飛行してこの場を離れるためだった。
「…なにするんだよ?」頭にアスカの細い指がかかっているシンジは、なぜか
恥ずかしくなった。

 冬月の顔が変貌していた。温厚そうな好々爺といった顔は、赤くつり上がっ
た目と、とがった耳、そして口から突き出した二本の犬歯によって、獣の顔に
変わっているのだった。
 ミサトは銃を構えた。重心を落として、歯を食いしばり、引き金を引いた。
ば、ば、ば。弾丸はすべて命中した。そのたびに冬月の身体から白い煙が立ち
上った。
「わわわ」シンジは素っ頓狂な声を上げた。一瞬その怪物のような男と目があ
った。シンジは震え上がった。風下にいたアスカは、まるで塩酸のような息が
詰まる匂いが漂って来るのを感じた。
 冬月はよろよろと歩き始めた。

「まちなさい!」銃を構えた女が、背後から撃とうとしたとき、信じられない
事が起こった。小柄な人間ほどもある黒豹が、その吸血鬼と女との間にわって
入り、女を威嚇するように吠えたのだ。
「なんで豹が!!!?…どっから来たんだよ、あんなもん!」シンジは空中で
泳いで逃げようとする。
「『インヴォルヴド・ピープル』…」アスカはつぶやいた。
 シンジはその単語をどこかで聞いた事があった。しかし、いまは恐ろしさの
あまり、舌がかじかんでしまったみたいだった。
「な、なによ…これ」女は烈しい非現実感にとらわれた。なにもかもが悪い冗
談に思えた。豹は彼女を威嚇するようにもう一度吠えた。
「どきなさい、どかないと撃つわよ」女は銃口を豹に向けた。

 黒豹は、銃をまったく恐れず、女に飛びかかった。前足で女を突き倒した。
倒れた女の腕を押さえて、顔を近づけ、もう一度吠えた。女は豹を突き放そう
ともがいた。暗闇の中で、女と黒豹がとっくみあっている。

「アスカ!魔法でなんとか出来ないの!あの人、豹に食われちゃうよ!」シン
ジが叫んだ。
「…」アスカは答えなかった。どうすればいいか、迷っていたのだ。相手も…
人間かもしれないのだ。いいえ、きっとそうよ、あの吸血鬼を助けに来たんだ
わ。
「なんとかしろよ、アスカ!」
「やかましいっ」アスカは、ぷかぷか浮いているシンジの肩に手をやって、く
るくるとコマのようにぶん回した。

 女と黒豹は、上になり下になり、ごろごろと転がりながら、もみあっていた。
とにかく二人(?)を離さないと、アスカは思い、心の中で豹にロックオンし
た。
 浮遊魔法を豹にかけようとした、その時、女は銃をなんとか掴むと台座で豹
を殴りつけた。黒豹はぐったりとなった。
 女は立ち上がり、銃を掴むと、軽く片足を引きずりながら、吸血鬼を追跡す
る。
 
 アスカは、回り続けるシンジをほったらかして、その豹に近づいた。豹に奇
妙な変化が起きていた。黒い体毛がみるみる身体の中にしまわれていくように
短くなり、同時に骨格がめりめりと音を立てて変形していく。
「…女の人?」アスカは思わずつぶやく。
 ほんの数秒で、黒豹は、若い全裸の女性に変貌を遂げてしまった。気を失っ
ただけみたいだった。
「あ」アスカは再びシンジの元へ走っていき、彼の回転を止め、いきなり彼の
着ていた体操着の上着を無理矢理脱がす。
「なにするんだよ!」
「あのままにするわけにいかないでしょ!ばかっ」
「あのまま、っていったい何が起こったんだよ!?」回っていたシンジは何が
なんだかわからないのだった。
 アスカは、その女性にシンジからひっぺがした体操着をかけてやると、シン
ジのランニングシャツを掴んで走り出した。
「こ、こ、こらー」まるで子供に引っ張りまわされる風船のようなシンジは叫
んだ。アスカはかまわず走った。
 街灯の無い、河川敷からばすっ、ばすっ、と音がする。あの銃をもった女性
が吸血鬼を、いや『インヴォルヴド・ピープル』を撃っているのだ。

「なぜ、なぜ死なないの!」女は叫んでいる。
「なぜ『これ』が効かないの!」
 冬月は膝をついてじっとしていた。胸板から白い煙が上がっている。
「…それは、効かないのだ。わたしには」まるで鋸をバイオリンの弓で弾くよ
うな、高く揺れる声だった。冬月の普段の声とはまるで違った。変身に伴って、
声帯も変化したからだった。
 女は冷たい恐怖に、体中が凍り付くのを感じていた。効かない!しかし、こ
いつには効かないなんで事があるわけがない!これはハッタリなのだ。きっと
そうに違いない!

「それは効果がないんだよ、ミサト」背後で聞き慣れた男の声がした。
 ミサトは振り返らずに、叫んだ。
「なんでよ!!父さんの作った薬がなんで効かないの!」
 足音が近づき、そしてミサトを追い越して、加持リョウジは吸血鬼と彼女の
間に立った。
「それが効かないのは、きみの父親の実験のせいなんだ、ミサト」リョウジは
静かに言った。
「そ、そいつに背中を向けると、血を吸われるわよ!」
「そんな心配はない。冬月さんは、そんなことはしない」
「なんで名前を知ってるの!」
「今日、昼間調べたんだ。この人の経営する古本屋に行ったんだ。君はあの水
のバケモノの行列に出会った時に、この人を発見した。そうだろ。そして復讐
のときが来たと思った、…そうだろ?」
「そこまでわかってんなら、そこをどきなさい!」
「…どかない。ぼくは君を人殺しにはしたくない」
「そ・い・つ・は、『人』じゃないわ!」ミサトは叫んだ。
「いや、人間だ」リョウジの言葉は静かだが断固とした調子だった。
「人間じゃない!…そいつは、そいつは、わたしからすべてを奪ったわ!そい
つは、そいつはわたしの父さんと母さんを殺した!」

 アスカとシンジにはその男性に見覚えがあった。魔女の呪いを祓ってもらい
に家に来たルポ・ライターだった(第6話参照)。アスカは立ちすくみ、シン
ジはぷかぷか浮きながら、二人の男女を見ていた。

「大丈夫かい?」
 マヤが目を開けると、目の前に、息を切らせたマコトの顔があった。終わっ
てしまった。すべて、終わってしまった。マヤは思った。大好きなあなたとの
時間が、すべて終わってしまった、と思った。
 マヤの身体には、マコトの上着が掛けられていた。マコトは黙ったまま、マ
ヤが走りながら脱ぎ捨てた服を、彼女の前にそっと置いた。
「…何も聞かないの?」マヤは言った。
「立てるかい?」彼は言った。マヤはうなずくとマコトは後ろを向いて言った。
「服をきながら、話してくれないか?いったい、どうしたんだ」

「あれは、事故だったんだ、ミサト」リョウジは言った。
「なんで、あれが事故なのよ!なんで!父さんと母さんは、あいつに、あいつ
に血を吸われて殺されたのよ!」
「そうかもしれない。結果として。しかし、あれは事故だ。世界中で、『イン
ヴォルヴド・ピープル』のうち、吸血症候群にある人々を、秘密裏に治療しよ
うとした科学者や医者は、そんな事故に巻き込まれている。自分自身に抑制血
清を注射したあと血を吸われると、失血死することがあるんだ。だから、あれ
は事故なんだ」
「そんな馬鹿なこと言わないで!吸血鬼を元に戻すのになんで血を吸われなき
ゃならないの!」
「きみは、きみの両親がなにをやっていたのか知らないで、仇を討とうとして
いたのか!吸血衝動を抑える血清を作るための過程では、逆に被験者の吸血衝
動を極限にまで高めなきゃならないんだ!そんなことも知らないのか!」
「…そんなことも知らないわよ!…知ってるのは、母さんが優しい人だったて
ことだけよ!…父さんが、あたしを愛していたってことだけよ!」ミサトの目
から涙があふれ出た。
「…あんたになんか、わからないわよ!…あの日、あの日あたしは、父さんと
喧嘩したのよ!ボーフレンドのことで!…あたしは父さんに、ひどい悪態をつ
いて、そのまま家を飛び出したのよ。…どこにも行くあてがなくて、真夜中に
帰って来たら、…真夜中に帰ってきたら…」ミサトは子供のように顔をゆがめ
て泣いていた。
「あやまることもできないじゃない!…死んじゃったら。…父さんに謝ること
もできないじゃない…」
 リョウジは、ミサトを抱きしめるために近寄ろうとした。
「寄らないで!近寄ると撃つわよ!あんたも撃つわ!」
 リョウジはかまわず近寄った。
 ミサトはほとんど躊躇せず、引き金を引いた。
「あ」アスカは思わず声を上げた。ばばばば。弾丸は全部加持リョウジの胸板
に当たった。透明な液体のしぶきが飛び散った。リョウジは、痛みに顔をしか
めながら、ミサトの持つ銃の銃身を掴むと、ひねり上げた。
「こんな薬品では、吸血鬼は死なない。きみは勘違いをしている。これは彼ら
が衝動を抑えきれなくなって、研究者を襲おうとしたとき、威嚇するために開
発されたものだ」
「なによ、ばかーっ」ミサトは、分厚いコートを脱ぐといつも胸からかけてい
るロザリオの鎖を引きちぎり、片手にかざした。
「だったら、こいつで、殺してやるわ!」
「…そんなものが何の役に立つんだ、ミサト。『この宇宙』には、きみの好き
な神なんか、いないぞ。われわれは、アダムとイブの子じゃないんだからな」
「あ、あんたは『インヴォルヴド・ピープル』の肩を持って!…あいつらは汚
らしい怪物ばかりじゃない!」
 リョウジはミサトから銃をひったくり、川の中に放り投げ、つかつかと彼女
に歩み寄り、ミサトの頬を平手で殴った。ばしん、その音は、数メートル背後
にいたシンジとアスカにもはっきりと聞こえた。
「いくらきみでも、許さんぞ!」リョウジは言った。
「何するのよ!」ミサトはリョウジの頬を拳で殴り返した。
「おれを殴って、忘れろ。あの人を逃がしてやれ。さあ、帰ろう」リョウジは
口の端からにじんできた血を手の甲で拭いながら言った。
「あんたはいつもそればっかり!…自分がなんでも知ってるみたいにして!あ
たしを馬鹿な女だと思いたいんだわ!…音楽も止めて、いちんちじゅう、家で
ケーキでも焼いてりゃいいと思ってるんだわ!」
 ミサトは、立ちはだかるリョウジを押しのけて、膝をついた冬月に近づこう
とした。
「やめろ!そんなことをして何になる?」
「警察だって、どこだって相手にしてくれなかったわ!みんなつるんでるのよ!
自分で裁くしかないじゃない!」

「その人の言うとおりだ。…わたしを裁きなさい」冬月は立ち上がった。
 加持は振り返った。冬月の顔は典型的な吸血症候群のそれだった。資料の通
りだった。はだけたコートの襟元から、薄い青い煙が立ち上っている。細い月
の下で、冬月の影が長くのびていた。
「…葛城夫妻を殺したのは、わたしだ。わたしを裁きなさい」
「ええ、殺してあげるわ」ミサトは冬月の前に立ちはだかる。手にはロザリオ
が握りしめられている。
「わたしが陽光で灰になる、などという迷信を信じてはいけない。紫外線は、
たしかにわたしの皮膚を焼き、代謝機能を停滞させるが、殺すことは出来ない」
冬月は言った。
「…わたしを殺すには、ここを縦に切り裂くんだ」冬月は、コートの襟をどけ
て、首筋をミサトに見せる。
「だが、失血しただけでは、わたしは死なない。一番早いのは切っておいて、
この川に逆さに浸けておくんだ。血が抜けた後に、灰になるまで身体を焼き尽
くせ。そうすれば、わたしはたぶん死ぬだろう」冬月は殺されるために、ミサ
トをここまでおびきよせたのだ。ミサトにもそれがわかった。
「50年前、わたしの妻と子供はそうやって殺されたんだ。だから間違いはな
いと思うよ」冬月は、ぽつりと言った。

 アスカは、思わず両手で口を押さえた。恐ろしかったのだ。そんなことが出
来る人間というものが、怖かったのだ。そして、そんな悲惨な経験を経てもな
お、生き続けなければならない、この初老の男の運命が怖かったのだ。
 シンジもまた、浮きながら、その男を凝視していた。

「…○○村の虐殺事件ですね」意外にも加持が、そう言った。
「きみは若いのに、そんな昔の事を知っているのか?」冬月は言った。
「…ぼくの父は、その村の生まれなんですよ」加持は静かに言った。
「中学生の時、父が亡くなったあと、日記が出てきたんですよ。ぼくはそれを
読んだんです。母に止められていたんだけど。…父は、その事件があったとき、
若造でしたが、得意げにこう書いてましたよ。…『今日、みんなで吸血鬼ども
を退治した』とね」
「ぼくは、ショックを受けました。大変なショックでした。…思えば、あの時
のショックが、ぼくの人生を決定づけてしまった気がする」リョウジは言った。

 その時、パトカーのサイレンが聞こえた。近づいて来た。同時に、若い男女
が走って来るのが見えた。
「その人を殺しちゃだめ!」若い女は叫びながら走ってくる。

「逃げるんだ、ミサト。警察に見つかると、やっかいな事になる」リョウジは
言った。
「いや!いや!いや!…絶対にいや!…あいつは逃げるわ、わたしの手の届か
ないところに!」
「…いや、わたしは逃げない。わたしは疲れたんだ。この永遠に続くかと思え
るような旅に。…それに、仲間の人生を犠牲にして生きのびる気はしないんだ」
「冬月さん!」マヤは叫んだ。
「きみは誰だ」冬月は言った。マヤの背後に眼鏡をかけた真面目そうな青年が
立っていたからだ。
「どうしてわたしの名前を知っている?」
「いいんです!もう話しちゃったんです。もう、いいんです」
 マヤの背後に立っている青年は、暗い表情で、冬月を見ていた。
「なぜ、そんなことを…!」冬月は言った。

 その時、警官たちが彼らを取り囲んだ。リョウジは、目立たぬようにミサト
からナイフをひったくると、自分のポケットにつっこんだ。
 ミサトは逮捕され、その他の人々は警察署に任意同行を求められた。アスカ
とシンジも警察署にパトカーで連れて行かれた。パトカーの車内の天井に浮い
ているシンジがコツンコツンと当たってうるさいので、アスカはシンジの浮遊
魔法を中和して席に着かせた。
「なんで最初からそれ使ってくれないんだよ」シンジは小声で言う。
「それじゃあんたのためにならないでしょ、バカ!」アスカは言った。

 アスカとシンジは、警察署の小さな事務室のようなところで、しばらく待た
された。10分後、ほとんど名前を訊かれただけで、もう帰っていいよ、と言
われた。
 警察署の建物の前に、父のゲンドウと母のユイが立っていた。シンジは、あ
るべきものがそこにある、という安心感を感じた。
「車に乗りなさい」ユイは言った。
 大男のゲンドウは助手席をつついっぱい後ろに下げて、そこに座っていたの
で、シンジは後部座席で小さくなっていなければならなかった。
「狭いよ、父さん」シンジは文句を言った。しかし心の中には、ちっとも不平
はなかった。トランクに押し込まれたってかまわない、と思った。
「ワシだって足がつかえておるのだ、バカモノ」ゲンドウは言った。だから車
に乗るのはいやなのだ。
「…」アスカは黙っていた。口を一文字に結んで、通り過ぎてゆく夜の街の灯
りをにらみつけている。シンジは、そのとがったような、アスカの横顔をちら
ちらと盗み見ていた。
「ねえ…」シンジは口を開いた。
「なんで『インヴォルヴド・ピープル』って、いるの?」シンジは言った。誰
に言ったわけではない。
「…『来訪』がすべての始まりなのよ。それが人間の遺伝子を変えてしまった
のよ」ユイが運転しながら言った。
「…どうして、秘密にしてるんだよ?…ぼくは、今日始めて知ったんだ。学校
でも教えてくれなかったし」考えてみれば、おかしな話しだった。魔女や魔法
使いの存在は誰でも知っている。同じ『来訪』がもたらしたものなのに、もう
片っ方が秘密になっているのは。
「わからない?シンジ。あなたの隣人が、吸血鬼や狼男だったとして、普通の
人間はどう思い、どう行動するかしら?」ユイは言った。
「…」シンジは考えてみた。奥さんと子供を残酷な方法で殺された、あの男の
人の事が浮かんだ。
「わかるでしょ?…1910年に彗星の尾が地球を包み込んだときに、彼らの
存在は一部の人にはわかっていたわ。でも、その事実を公表したときに起こる
ことを恐れて、それを秘密にしたの。そして、その直後に起こった『世界大戦』
の後に確立された『ウィザード体制』でもそれは継承されたのよ」
 シンジは『けいしょう』という単語の意味がわからなかったが、なんとなく
意味はつかめた。
「それで、ずっと秘密なんだね。でも、どうして父さんや、母さんは知ってい
たの」
「それは、わたしとアスカが魔女で、父さんが錬金術師だからよ」ユイは言っ
た。
 車は見慣れた国道を横切り、碇家の前の坂道を登りだした。そのとき、アス
カが始めて口を開いた。
「きっと、どっちかを皆殺しにするまでやめない戦争になるわ…」アスカは固
い表情でそう言った。
 意外にも、ゲンドウがそれに答えた。
「そうなったら、『インヴォルヴド・ピープル』側が勝つかもしれん。彼らの
正確な数はわからないんだからな…」
「あなた!」ユイがたしなめるように言った。
「いや、ありえることだよ。そいつは。…普通の人間たちは、自滅するかもし
れん。疑心暗鬼になり、仲間同士殺し合うかもな。『インヴォルヴド・ピープ
ル』は能力を使わなければ、見分けがつかんからな」ゲンドウは静かに言った。
「そんなこと、シンジがいる前で言わないで」ユイは言った。
「こいつだって、いずれは知らなきゃならないんだ。今日はいい機会だ」
 車は家に着いた。

 そのころ、ミサトは留置所の中で、膝を抱えていた。鉄格子のある窓から、
不吉な三日月が見えた。リョウジが側にいてほしかった。暖かいベッドの中で
抱きしめてほしかった。さもないと、あの歩き疲れて帰ってきた晩の事を思い
出すかもしれなかったから。
「とおさん…かあさん…」
 彼女は膝の間に顔を埋めて、声を立てずに泣き出した。

 思った通り、加持リョウジはすぐに帰らされた。おそらく、問題が問題だけ
に、ミサトもすぐに返されるだろう。わかりきったことだ。何も変わらないの
だ。50年前から。…俺のおやじも、なんら罪に問われる事はなかったんだか
らな、リョウジは思った。
 彼は、警察署から、歩いて帰った。おそらく冬月はパトカーに乗せられて、
あの本屋に帰っているだろうと思った。そして夜が明けるまで、渇きに苦しめ
られるのだ。

 マヤは、マコトと並んで歩いていた。どちらも黙っていた。
 こうして並んで歩くのも最後だ。マヤは思った。ちょっとした偶然から知り
合って、知らぬ間につきあうようになって。1年。ちょうど1年ぐらいになる
んだろうか。楽しいことばかりだった。マコトは、優しい人だった。とても優
しい人だった。
 マヤは、日向の顔を見上げた。彼は正面を見据えたまま、唇を固く閉じてい
た。
「ありがとう」マヤは、ありったけの思いを込めて言った。冬月の古書店のあ
る商店街の入り口の近くだった。ここで、お別れを言うのだ。
「あの人のところへ行くのかい?」マコトは言った。
「ええ」マヤは答えた。
「どうしても?」
 マヤは一瞬ためらったあと、こう言った。
「ええ、たぶんひどく苦しんでいるだろうから」
「君でないとだめなのか」マコトは街路樹の下で、立ち止まった。その木の陰
になって、マコトの表情は見えなかった。
「ええ、たぶん。普通の人の血を吸うと、その人も吸血症候群にする恐れがあ
るから…。わたしは大丈夫だから」既に変身能力を有するからだ。
「そう…」そして、マコトは黙った。ながいこと黙っていた。マヤは目を伏せ
て、マコトが別れの言葉を言うのを待った。

 車のヘッドライトがいくつもマコトの姿を照らし出した。けれど一度も彼の
表情は見えなかった。マヤは、待った。
「…マヤ」マコトは口を開いた。
「はい…」マヤは答えた。
「…正直、なんて言えばいいんだか、わからないんだ。いろんな事がありすぎ
て。…頭の中がまだ混乱しているんだ。どう言えばいいのかな。ぼくの世界の
すぐ側に、違う世界への入り口があったって感じだ」
 マコトは、突然派手な美人になってしまった、赤木博士の実験(第7話参照)
を思い出す。途中までは赤木博士の理論が正しいとすると、『魔界』は虚数と
同じだった。極小にして極大ともいえた。どこにも存在しないし、逆に偏在す
る可能性があるのだ。
 マコトは言葉を継いだ。
「…マヤ、ぼくは考えていたんだ。…ぼくは誰を愛してるんだろうと。ぼくは、
ある女の子の、どこを愛しているんだろう?って。…ぼくは、その女の子の、
優しくて、明るくて、素直で、涙もろくて、お弁当づくりの上手なところが、
好きなんだ。…それは、ああ!…うまく言えないんだけど、変わらないんだ!
…好きだってことは、好きなところが、その他のところが、本当はどんなであ
っても好きだってことに、気がついたんだ」
「ぼくはそればかり考えていたんだ。…わかったよ。…ぼくは、伊吹マヤを愛
してるんだ。いまも、ちっとも変わらずに。…ぼくは、君を愛してる」
 マコトは、一歩踏み出して、マヤに近づいて来た。マコトは、マヤを見下ろ
していた。手をさしのべて、マヤの白い頬を、人差し指で、そっと拭った。そ
してキスした。マヤは、おそるおそる、両手をマコトの背中にまわした。マコ
トは、マヤを抱きしめた。

 碇シンジは寝付けなかった。目を閉じると、あの怪物のように変貌した男の
人が、ここを切り裂け、と首筋をすっと指でなぞる光景が浮かんでくるのだっ
た。
 シンジは、レイのいないベッドに、一人で丸くなった。窓から、細い月が見
えた。耳を澄ました。
 アスカの部屋から、ゴトゴトガサガサと音がした。時計を見る。1時。まだ
起きているのだ。
 小さなホムンクルスのレイがいない寂しさが、シンジをしてそんな行動を取
らせたのかもしれない。ともかく、普段であれば決して取らない行動をシンジ
は取った。
 彼はベッドから起きると、アスカの部屋の前まで行き、ドアをノックした。
「誰よ、こんな時間に!」間髪入れずにアスカの怒ったような声が、木製のド
アの向こうから聞こえてきた。シンジは、アスカはぼくが来るのを待っていた
んじゃないだろうか?と、ふと思い、すぐさま、そんなことはあるはずがない、
と思い直した。
「…アスカ、今日の事、どう思う?」シンジはドアを閉めたまま言った。彼は
ドアを開けて、アスカの部屋に入るなんて思いもよらなかったのだ。
「どう思うって、何をよ!…今日の出来事は、100年間も繰り返されてきた
悲劇の一つに過ぎないわ!」ドアの向こうからアスカの怒鳴り声が聞こえた。
「…そんな言い方って…」
「じゃあ、どう言えばお気に召すの?…そもそも、あんたは、おじさまが車で
言った事の意味が分かってるの?」
「分かってるよ、もし普通の人間と『インヴォルヴド・ピープル』が戦争した
ら、彼らが勝つかもしれないって」
「それだけ?」
「それだけ、って…それだけだよ」
「あんたは、とことんバカね!…『魔女狩り』って言葉知ってる?…『スペイ
ンの宗教裁判』って知ってる?…『コットン・マザー』って男を知ってる?」
「…あんまり知らない」
「そういうだろうと思ってたわ!…いい、『来訪』までの人類の歴史では、『
魔女』は、人間の敵だったのよ!人間は裁判と称して魔女の疑いをかけられた
女を川の中に放り込んだり、内蔵が破裂するまで水を飲ませたり、串刺しにし
たり、縛り上げて火で焼いたりしてきたわ!…『魔法使い』だってそうよ、ロ
シアではユダヤ人を『魔法を使う悪魔の兄弟』として虐殺したわ!…そしてそ
れは全部『来訪』前のこと。ホントに魔法を使える人なんていやしなかった。
みんなぬれぎぬだったのよ。いまみたいに『魔女』と『魔法使い』がおおっぴ
らに尊敬された事なんて、人類史上希有の事なの」
「それらはみな『来訪』と『世界大戦』がもたらしたもの。でも、いつまた歴
史は繰り返すとも限らない…」アスカは黙った。
「それと、父さんの言ったことと、どういう関係があるんだよ」
 シンジがそう言うと、アスカの部屋が勢いよく開いて、いつもの赤いパジャ
マを着たアスカが現れた。シンジは、アスカの目が、なぜか赤いのに気がつい
た。
「…まだ、わかんないの!『来訪』は人類を変えた。あるものはあたしとあん
たみたいに『魔法』が使えるようになった。…そしてあるものは『魔法』が使
えるようになるかわりに、自分の身体そのものが『魔法』になっちゃったのよ!」
 アスカはシンジをにらみつけていた。シンジはふいに、アスカのパジャマの
胸のところのボタンが一つはずれているのに気がついた。シンジは思わずそれ
を見ていたが、アスカは妙に興奮していて、シンジの視線に気がつかなかった。
「おじさまが暗に言おうとしてたのはこういう事なの!…普通の人間と『イン
ヴォルヴド・ピープル』が、もし全面的に殺し合いを始めたら、あたしやあん
たは、『どっちの側』につくのかって事よ!」

 ばたん!アスカはドアを閉めた。
 シンジは、自分の部屋に帰った。そしてアスカの言葉の意味を考える。そん
な馬鹿な事が。シンジは信じられなかった。けれども、魔法使いであることが
学校に知れ渡ってから、クラスメートのシンジに対する態度が、微妙に変わっ
てきたのを思い出す。あれは、羨ましがっているだけなんだろうか?羨ましい
という気持ちは、きっかけがあると、…妬みに変わるんじゃないだろうか?

 そのころ、一階のゲンドウとユイの寝室で、小さな妖精が目をさました。あ
わててシンジを探す。けれどこのホムンクルスが愛する少年の姿はなく、代わ
りに眠っている少年の母親の髪が目に入った。
 あれは、2階から聞こえてきたのだった。ガラス瓶の中で、妖精のレイは思
った。まさか、二人で一つの部屋に…。あのいやな女の子と、一つの部屋に…。
レイは、透明な液体の中をくるくると回転した。ガラスの壁を叩いた。外に出
して!…わたしを大きくして!

 シンジは寝付けなかった。あの出来事とアスカの言葉と、そしてアスカのす
こしはだけたパジャマからちらっと見えた膨らみが、頭の中でぐるぐる回って
いる。やだなあ…。シンジは思った。…なんで、こんなもん付いているんだろ
う。なんで必要も無いときに固くなるんだろう。

 シンジが眠りに落ちたのは、それから30分後の事だった。勉強机の近くに
置いてある屑カゴの横には、狙いが外れた丸めたティッシュが転がっている。

 静かで暗い夜のとばりが、錬金術師一家の上にかかっていた。留置所で眠る
女の上にも。その女の事を愛する男の上にも。真新しいシーツの上で、しっか
りと手をつないで眠る恋人たちの上にも。そして渇きを癒した吸血鬼のうえに
も。夜だけは平等であった。

 その夜の一点に、穴が開いていた。その穴のサイズは、ほぼ水素の原子核、
つまり陽子1個分の大きさだった。穴はすすすと移動し、ガラス瓶を叩き疲れ
て眠る、小さな妖精のそばにやってきた。
 その穴から、何かが覗いていた。

 そのころ、アメリカ合衆国のアリゾナ州にある巨大な要塞の中で、動揺が広
がっていた。職員たちが走り回っている。誰かが、『ウィザード』に連絡を!
と叫んでいる。
 それは、始まりだった。その小さな点は、シンジの、いや、彼のまわりのす
べての人々の運命を大きく変える事になる。しかし、相変わらずけばけばしい
原色の、エッチな夢を見ている14歳の少年はそれを知る由もなかった。


つづく