My Favorite
ここでは、私の趣味の紹介をしていきま〜す!

Peavey Wolfgang
1997年12月ぐらい・・・?入手
見た目、音共にサイコーです!ボディー、ネックの木目もシブイッ!
ライブ&レコーディングにてメインで使用される。
一度、ロックナット、アーム(ブリッジ)の調子、またフレットがかなり減ってきたので打ち直し行う。
この間、約半年間休憩を得て復活!
どこに行くにも一緒だったため、思い入れの一番あるギターである(^^♪

Ovation
1997年3月ぐらいに入手。
こちらも見た目重視でしたね〜。サンバーストに弱いです。
こちらもライブ&レコーディングでメインでした。
ラインでの音はサイコーですね、ホント!
イコライザーも搭載されていて、非常に使いやすい!
しかも、ここ最近になりボディの木目がさらに浮き出てきて、見た目もどんどんステキになってきています。

MUSIC MAN
何年前かな〜、Peaveyが不調の時期にメインとして使用していました。
Peaveyが復活してからは、ほぼサブとしてステージサイド行きとなってしまいました・・・。
音はまとまった感じで、所有ギターの中では優等生(^^)
でもPeaveyのようなラウドな感じが出せずに・・・・(僕のせい・・・)
ネックもすごくいいかんじなのです!!!

Fender USA Stratcaster 
エレキギターで2番目に手に入れたギターです。なので結構長く使用している。
バンド初めて最初のころはこのギターばっかり使ってたかな???
これでエレキギターの初歩を学んだかな、コードだけじゃなくてフレーズ弾いたり、コピーしたりと・・・
だけどネックがへらべったく自分の手になかなか馴染まなくて、ライブではあまり使用していないし、
音もそこまでシングルコイルの音質が好きではなかった(昔は・・・)
今になってストラトの魅力に引き込まれてきている。
最近はよく弾いたりしますな(^^♪
チョットLowの鳴りが弱い感じもするけど
でも、ストラトサウンドは抜群です(^^♪

Martin 000-1
この子は最近といえば最近からの付き合いですね。
ピック弾き、指弾き共に安定した音を出してくれますな。
Ovationのラインで録った音とはまたいっぺん、乾いた感じでブライトなサウンド!
まだあまり弾き込めていないので、まだまだな感じですがこれから弾き込んでエエ感じにしていきまっせ(^^♪

GIBSON DELUXE 57 LesPaul Limited Edition
つい最近(2005.7)に友人より格安にて譲り受けました。
彼は何本もLesPaulを所持していて、諸事情で何本か手放す事に・・・
もちろん試奏させてもらい、コレだ!というのを選びました。
LesPaulは昔から、周りの人に似合わないと言われてきたので、所持することなく現在に至るわけで・・・
必要なときは借りたりとか・・・
でもやっぱり、GoodSound!!なんですよね!PEAVEY、MUSICMANもハムなんですが、
やっぱLesPaulって音がしますね(^^♪
アンプとも相性悪くないです!

Sakata 0028B
2004.11月初旬に手元に来ました。
山梨県にあるハーパーズミル(ギター工房&カレー屋さん)を経営している坂田氏作成のギターです。
信じられないくらいの鳴りのよさ!都内の楽器屋さんにもいろいろと足を運び聞き比べても、やっぱりこの
ギターが一番です。
フィンガーピッキングがすごくよい響きを生み出します。
ボディーが普通のギターに比べて薄いため、強度に気を使わないといけないけど、その分
音のレスポンスは100点満点!